書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/09/10 (Wed) 21:24
重賞レース回顧

こんにちは、霧です。

長いようであっという間だった夏競馬も終わりを告げ、今週からはまた新たなステージ。秋の大舞台に向けたステップレースが連発する時期となりました。
競馬を真剣に観始めてから1年が非常に速く感じますが、今年はなんだか特に速い気がします。それだけ充実しているということなのでしょうか。実感はあまりないですけどね('A`;
さて、前置きはこの辺にしてやはり難しい決着となった両2歳Sの回顧と参りましょうか。

【新潟2歳S】
1着:セイウンワンダー(▲)
2着:ツクバホクトオー(無印)
3着:バンガロール(無印)

最後方、大外から驚愕の末脚!
1番人気のセイウンワンダーがスタートの後手も何のその、能力の違いをこれでもかというほど見せ付ける勝ち方で重賞初制覇を成し遂げた。
西で圧倒的人気に推されていたツルマルジャパンと互角の競馬をし、似た特徴を持つ阪神マイルでの大楽勝。これらが全て能力の高さによるものだということが明らかになった。
力を出し切れない馬も多かった悪条件でのレースでもしっかり勝ち切ったのは評価でき、グラスワンダーの代表産駒になる可能性は十分と言えよう。父ロベルト系の力強さと、母父であるサンデーサイレンスの総合力を存分に受け継いでいる感じだ。走りや馬っぷりからも一介のマイラーではなく、距離の融通もかなりききそう。このまま順調に成長すれば来春の主役の一角になるのは間違いない。

2着には人気薄のツクバホクトオー。
1200mを2戦、堅実な競馬で走っての参戦。これまで当レースではあまり好走例の無かったステップだが、決して馬場の良くない内側を伸びてのものだけに能力は確かか。函館2歳S3着のアイアンデュークとほぼ互角の競馬をしており、重賞でも通用する下地はあった。血統的にもまだまだ伸びしろはありそうで、今後もナメられない存在になるかもしれない。勝ち馬と違い、距離に限界はありそうだが…。

3着には前走でツルマルジャパンの2着に踏ん張ったバンガロール。
スタートでやや気難しさを見せたものの、直線の伸びはしっかり。やや頼りなさを感じたデビュー戦に比べると短期間でかなり成長しているなぁという印象を受けた。流石はアグネスタキオン産駒といったところか。速い脚には欠けるだけに、今回の馬場状態もプラスに働いたように思える。

一方、注目されていたガンズオブナバロンとダイワバーガンディは全く見せ場無く惨敗。前者は血統的に道悪を苦にするようには思えないが、前走の粘りがまるで出ず。暑い新潟での3戦目は若駒にはきつかったのだろうか。後者は福島からの転戦な上、やや間が空いたことも影響したか。一叩きされての次走の一変に期待したいところだ。


【小倉2歳S】
1着:デグラーティア(◎)
2着:コウエイハート(無印)
3着:ツルマルジャパン(△)

栃木の星が運んできたのは、初物尽くしの重賞タイトル!
フェニックス賞を快勝してここに望んだデグラーティアがまたしても懐の深さを感じる差し切り勝ち。三連勝で自身、騎手、厩舎に嬉しい初タイトルをもたらした。
レースは予想通りツルマルジャパンがハナを切る展開。デグラーティアはただ1頭絶好のスタートから無理せず控える形をとった。これにより十分に脚を溜めることが出来、ハイペースの中でも最後まで伸びる原動力となった。
これで三連勝となったが、走るたびに深みを増すその走りはデビュー戦の印象からするとかなり意外なもの。恐らく適距離は1200~1800あたりのフジキセキ産駒らしいフジキセキ産駒だと思われるが、まだ2歳の9月。どんな成長を遂げてもおかしくない。東のセイウンワンダー同様、本馬もまた来春の主役の一角になる可能性は十分にあるだろう。

2着には九州産馬コウエイハート。
こちらもひまわり賞を制しているれっきとした2勝馬だったが、勝ち馬との人気差は歴然。筆者もそうだったが、やはり九州産限定戦というのは軽く見られがちのようだ。が、蓋を開けてみればこの結果。こちらも勝ち馬同様走るごとに明らかにパフォーマンスを上げてきており、少しは警戒を払うべきだったか。
最終週ということでダート適性に近いものが求められる馬場になっており、パワー型の血統も生きた。バブルガムフェロー×母父アフリートという字面だけ見れば、凄く小倉ダート1700とかで走りそうな印象だが…競馬は分からない。

そして3着に人気のツルマルジャパン。
テンの速さは相変わらずで、殆ど追う事もなくハナを主張。これまで走ってきた距離ならばここで息を入れることが出来たのだが、今回はそれが難しいスプリント戦。スピードの違いでここまで粘ったが、明らかに適距離ではなかった。
心配なのは今回この距離を使ったことで気性だけがスプリンターになってしまうこと。本来は2000くらいまではもつ馬だと思うだけに、陣営には慎重な調整を望みたいが…。
スポンサーサイト

2008/09/07 (Sun) 11:54
新潟2歳S&小倉2歳S

こんにちは、霧です。

ついにM.D.Sでの筆者の目が試される東西2歳Sがやって参りました。
ただ、新潟は雨で馬場が激悪。小倉も最終週ということで、だいぶ馬場状態に結果が左右されてきそうな気がします。オッズは新潟は大混戦、小倉は一本かぶりと対照的で予想を考えるのも一苦労。不確定要素の多い2歳戦だけに、先週並の大波乱が起きても驚かない心の準備が必要かもしれませんね。

では、まず新潟2歳Sの予想から。
本命はガンズオブナバロン。
新馬戦こそマッハヴェロシティに敗れたが、折り返しの前走未勝利戦では力の違いを見せ付けるかのようなレコード勝ち。ディープインパクトの甥という血統背景もあり、スペシャルウィーク産駒の牡馬としては久々に上級クラスでの活躍が期待される馬である。
実力拮抗のメンバーの中でこの馬を選んだのは、馬場適性に期待したからこそ。スペシャルウィーク産駒は新潟外回りでの成績が妙に良く、道悪も総じて上手。宝塚祈念で同父のインティライミが激走したのは記憶に新しいところだろう。
朝から恐ろしい結果が続く新潟芝だが、本馬は大丈夫と信じたい。

対抗はストロングガルーダ。
前走の1400mのデビュー戦では、圧倒的人気に応え快勝。すっと好位に付けて素早く抜け出すレースぶりは高いセンスを感じさせた。そのレースで負かした相手が未勝利戦で惨敗するなど、レベルが低かったと見る向きもあるが、本馬だけが別格だったと信じたいところ。
こちらもスペシャルウィーク同様外回りでは脅威の強さを発揮するダンスインザダーク産駒。母系にも雨に滅法強いキングマンボの血が入り、ここで好走しても何ら驚けない。人気はあまり無いが強気に狙ってみたい。

以下、能力上位のセイウンワンダー。
惨敗の危険性を孕むも、前走の派手さが印象的なゴールドスパークル。
ダイワバーガンディも異例のローテながら注意したい存在。
穴はシルクドミニオン。
デビュー戦は目立たない内容ながらも3馬身差の快勝。意外性のあるキングヘイローの血や、いかにもこういった馬場に強そうな血を内包し、激走の予感漂う。

【まとめ】
◎ガンズオブナバロン
○ストロングガルーダ
▲セイウンワンダー
△ゴールドスパークル、ダイワバーガンディ
☆シルクドミニオン

買い目はいつも通りで。

続いて大穴狙う小倉2歳S。
本命はデグラーティア。
前走フェニックス賞では速い馬が揃った中、中団前目から余裕十分の差し切り。やや一本調子の馬が目立つ中で2戦連続して差しの競馬に徹しているのは好感が持てる。今回は抜けた人気馬が1頭いるが、慣れたコースや上昇度、枠などを考えれば逆転も十分に可能なはず。2年目の新鋭浜中騎手の重賞初勝利なるか注目だ。

対抗はクリノスレンダー。
デビュー戦は直線競馬、前走は新潟ダリア賞と、ツルマルジャパン同様あまり見ないローテでここに挑んできた本馬。血統的に地味なのであまり人気にはなっていないが、素質馬パドブレをギリギリまで苦しめたのは能力の証明と言えよう。
父タヤスツヨシはダートに適正を見せる種牡馬であるが、最終週の小倉芝ではこうした馬がむしろ怖い。今のこの人気が不当だと走りで証明したいところ。

三番手はノアウイニング。
意欲の連闘策で挑む本馬。開催前半から後半まで、殆ど持ち時計が変わらぬまま好走して来ている辺り、短期間の間ではあるが確実に成長しているのが窺える。元々相手なりに走るタイプであり、クラスが上がったここでも大崩れは考えにくい。
外目の枠を引いたのも好都合で、デグラーティア辺りを警戒しながらレースを進めれば、粘りこみの可能性も十分あるのではないだろうか。

以下、前走の差し切りが光ったシルクナデシコ。
やっぱり無視は出来ないツルマルジャパンも抑えに。
穴はジャングルストーン。
突然の豪雨に襲われたデビュー戦。その中をしっかりした伸び脚で勝ったのは好感。ジャングルポケット産駒らしい荒削りな走りだったが、裏を返せば上昇の余地が十分あるということ。驚きの一発に警戒を払いたい。

【まとめ】
◎デグラーティア
○クリノスレンダー
▲ノアウイニング
△シルクナデシコ、ツルマルジャパン
☆ジャングルストーン

こちらもいつも通りで。
新潟はともかく、小倉はぶっ飛びすぎたか…。

2008/09/04 (Thu) 12:46
重賞レース回顧

こんにちは、霧です。

先週の大荒れショックから未だ抜け出せない今日この頃。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
素直に予想してみた時に限って、こうした結果になるとは…。
さぁ、その説明すら難しい結果に終わった2重賞回顧参りましょう。

【キーンランドC】
1着:タニノマティーニ(無印)
2着:ビービーガルダン(▲)
3着:キンシャサノキセキ(◎)

最低人気の大ベテランが波乱呼ぶ!
新興勢力を抑え、勝ったのはなんと16番人気のタニノマティーニ。
ビービーガルダンが引っ張る速い流れを好位追走。直線に入っても逃げ馬の脚はなかなか鈍らなかったが、それ以上に本馬のしぶとい末脚が炸裂。ゴール前でギリギリ交わしてのゴールとなった。
もう8歳馬で、近走の成績も低調。その中での今回の一変を予想できた方は少なかったことだろう。洋芝巧者であることや高齢までしぶといウォーニングの血の特性を見せつけられた気分である。
成績表を見れば、4~5走に1回前走の成績に関係なく好走してきており、これからも同じようなサイクルを繰り返してくるかもしれない。しかし今回のタイムは優秀で、次回連続好走があっても驚けないのがまた悩ましいところだ。

勝ち馬以外はほぼ順当な結果で、人気馬が上位を占めた。
1番人気だったキンシャサキセキは前走に比べるとやや手応えが鈍く、直線の伸びもジリジリ。対照的に新鋭ビービーガルダンは強い競馬を見せての2着だった。この粘りを洋芝以外でも発揮できるかが今後の活躍を左右するだろう。

今回で短距離路線の主役を不動のものにすると思われたキンシャサノキセキが敗れたことで、路線は再び混沌。破竹の快進撃を見せるスリープレスナイトあたりが一歩リードしている状況だろうか。
大一番まであと1ヶ月。セントウルSの結果次第でもあるが、今年もスプリンターズSは群雄割拠で面白いレースになりそうだ。

【新潟記念】
1着:アルコセニョーラ(無印)
2着:マイネルキッツ(無印)
3着:トウショウシロッコ(無印)

北に続いてここでも16番人気!
近走の不振から人気を落としていたアルコセニョーラが、鬱憤を晴らすかのような大外一気。去年の福島記念に続く重賞2勝目をゲットした。
最近は追い込んでは差を詰めきれない歯痒いレースが続いていたが、去年もこの時期から一気に上昇した馬だけにデキが一変していたのだろう。牡馬混合の重賞しか勝っていない不思議な馬だが、厳しい流れになった時に力を発揮しやすいタイプなのかもしれない。

2着は七夕賞から転戦のマイネルキッツ。
近走の安定感そのままにここも力強い伸びで2着を確保。あと1歩で届かない惜しいレースが続いているが、この分なら近いうちに間違いなくチャンスは来るはず。大崩れの無いタイプなので三連系の軸としては信頼できる存在か。

3着は叩き3戦目トウショウシロッコ。
このレースと相性の良いグレイソヴリンの血を内包し、自身も実績あるコースでようやく力通りの走りを見せた。こちらもいつ重賞を勝ってもおかしくない力は秘めており、秋も引き続き注目だろう。以前は中山のようなトリッキーなコース向きに見えたが、現在の走りを見る限りではどこでも走れそうだ。

一方、1番人気に推されたダイシングロウはちぐはぐな競馬で最下位に。
スタートから既に馬がキレてしまっていたらしいが、小倉からの転戦は馬の体調にも大きく影を落としていたことは間違いない。間違いなく今回は実力を出し切っておらず、秋以降の建て直しに期待したい。








新潟記念、本線的中!
…最下位とブービーを…。
やっぱり筆者は素直に予想するなということでしょうか?
この借りは今週で返したいところですが、相手は難解な2歳重賞。
積み上げてきたM.D.Sが火を噴くことを祈りたいです。
触れてない未勝利勝ち上がり馬が結構居ますが(駄目

2008/08/31 (Sun) 12:00
新潟記念&キーンランドC

こんにちは、霧です。

いよいよ夏競馬もあと僅か。
ホームである新潟での重賞もあと2つになってしまいました。
このままボウズで終わるわけにはいかない!
と、気合を入れて予想したいところですが、所用にて印のみで失礼します('A`;

【新潟記念】
◎ダイシングロウ
○キャッチータイトル
▲ミヤビランベリ
△ミストラルクルーズ、エリモハリアー
☆フサイチアソート

【キーンランドC】
◎キンシャサノキセキ
○プレミアムボックス
▲ビービーガルダン
△キングストレイル、アイルラヴァゲイン、トウショウカレッジ
☆サンダルフォン

どちらも二頭軸中心で。
割と素直に決めたつもりですが、果たしてどう出るか?

2008/08/28 (Thu) 12:56
重賞レース回顧

こんにちは、霧です。

もう9月の背中がすぐ近くまで迫ってきた今日この頃。
細々と続けてきた当ブログも、間も無く1周年を迎えるわけです。
にも関わらず今年の成績はなんじゃああぁアアアーッ!?
芝でも、ダートでも、G1でも、G3でも、距離問わず、条件問わず、とにかく当たらないという最早不治なんじゃないかと思えるほどの病に冒されつつある我々。いい加減毎週の回顧で「当たりましたよ」的な報告をしたいのですが…。
とりあえず、今週はいつもの様に残念回顧です。

【新潟ジャンプS】
1着:ユウタービスケット(無印)
2着:ブラックレディ(無印)
3着:テイエムヤマトオー(○)

ノーマークの2頭が大波乱を演出!
テイエムヤマトオーやタイキレーザーなど実績上位の馬が上位を占める中、積極的な先行策でユタービスケットが押し切り勝ち。人馬共に嬉しい初重賞制覇を飾った。2着にも人気薄ブラックレディが入り、馬券的には大波乱。唯一テイエムヤマトオーが3着に粘り気を吐いたが、全体的には低調な1戦だったと思う。

勝ったユウタービスケットは前走で障害未勝利を勝ち上がったばかりの苦労人。未勝利にしてはレベルの高いメンバーのレースを勝ちあがってきたとは言え、いきなりの重賞好走は驚き。これがフロックなのか、それとも何かに目覚めたのか、次走で明らかになるだろう。

2着のブラックレディはオープンクラスでもさほど差の無い競馬をしており、今回は少し人気が落ちすぎだったか。平地でもそうだが、どこか掴み所の無いキングヘイロー産駒。今後も取捨に悩む存在になってきそうだ。

休み明けながら3着のテイエムヤマトオー。前半から淀みないペースで逃げを打ち、中盤辺りでは楽勝もありかと思ったが、最後の最後で上位2頭に差し切られてしまった。久々の分息がもたなかった感じで、次はがらっと変わってくるのではないか。

期待したメイショウタローは勝負どころで既に後退。堅実な馬なだけにこの失速は少々心配。前走の落馬の影響もあったのだろうか。巻き返しに期待したい所。

【札幌記念】
1着:タスカータソルテ(無印)
2着:マツリダゴッホ(◎)
3着:フィールドベアー(▲)

怒涛の脚で王者斬り!
タスカータソルテが後方から目の覚めるような末脚を繰り出し、粘るマツリダゴッホをギリギリ捉え勝利。京都新聞杯、中京記念に続く重賞3勝目となった。
ややもっさりした競馬が続いた前3走とは別馬のような直線の追い込み。これまでは一瞬の脚しか使えない難しい馬の様に思えたが、今回は最後まで力強く伸び切っての快勝だった。戦績を見る限り平坦かつ高速馬場の時に好走しているようで、状態の良い札幌の馬場も合っていたのだろう。今後同じ条件のレースに出てくることがあれば警戒を払いたいところだ。

2着にはいつもの競馬で挑んだマツリダゴッホ。
道中は手綱を緩めれば弾け飛びそうな手ごたえで進み、4コーナー手前からのロングスパート。いつもならば完全に勝ちパターンだったが、誤算だったのはコンゴウリキシオーの作り出した速めの流れ。海外帰りで出来が8分なのもあり、最後の最後で脚が止まってしまった。
それでも好調のフィールドベアーなどにはしっかり差をつけており、その実力は遺憾なく見せ付けている。今回は勝ち馬の切れが凄かっただけで、本馬の評価を落とすことは全く無いだろう。次走は自分の庭であるオールカマー。ここは決めてくれるはずだ。

もう1頭の注目馬だった3歳馬マイネルチャールズは全く見せ場なし。
休み明けや未経験のペースを考慮しても、少し止まるのが早すぎた。馬体はそれなりに成長しているように見えたが、成績そのものは下降線なのが気になるところ。次走同世代相手に巻き返せるか。

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。