書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/08/22 (Fri) 00:27
ソフトボール!

北京五輪の女子ソフトボールすごい!!!
金メダルおめでとう!!!

五輪マニアの私、毎日のようにあらゆる競技を見ては心を躍らせているのですが今日のアメリカ戦はとにかく大興奮でした!
数少ないチャンスをしっかりものにし、幾度となく訪れたピンチをその強い心で粉砕して掴んだ勝利に感動いたしました。強いのは知っていましたがこんなにもルールが複雑で、かつ面白い展開になるとは正直知らなかった・・ピッチャーとの距離が近い分打席では体感160キロぐらいのボールスピードらしいですよ。それを打ち返すだけでもすごいと思います。
とにかく、熱戦という言葉がふさわしい試合でした。
2日間で400球以上投げた上野投手の肩には驚かされるばかりです。体力よりも気持ちで投げ勝った、そんな気がしました。
明日の野球にもこの勢いが続いてほしい!!
そしてロンドン五輪でも競技継続プリーズ!こんなに面白いのに!
あと男子陸上のリレー、何やらメダルの気配がしますよ・・フフフ。
あと忘れずに!22日の朝は男子50キロ競歩ですよ!!

競馬の方は五輪の熱気とは反対方向に向かうばかりの大寒波。
なしてこんなに当たらんのじゃ~と自分を責めるばかり。
クイーンは注文どおりのヤマニン逃げ切りでこーりゃ決まったろと思ったら意外な伏兵が。こういうのを嗅ぎ付けられる勘のある人が強いんだろうなー。
レジネッタやエフティマイアといった3歳勢も勝ち馬に放されたが気を吐いた。秋も春の活躍馬がそのままの勢力図を保ちそうかな?
北九州記念も惜しいといえば惜しい、そうでないといえばそうでない(おい
マッチメイトにはときめかせていただきました・・・内埒沿いをただ1頭走るその姿にかつての川島の愛馬オースミハルカを重ねました。追いつかれちゃ(ry
スリープレスの仕上がり具合にもビックリ。ここを叩いてスプリンターズくらいの考えだったのかもしれませんが、一度走り始めた時は止まらない。サマーシリーズすらいただきそうな勢いだ。

今週の教訓「大の字がつく騎手の穴馬に気をつける」
大野、大庭といった騎手が最近穴を空けているのですよ・・・。
さあこの予言、あなたは信じます?
スポンサーサイト

2008/08/14 (Thu) 01:34
それは突然、嵐のように。

世間一般がお盆休みなこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
僕競歩王子は暦に関係なく明日も仕事でーす!・・・イェーイ。
空元気はともかくとして、明日に備えて英気を養おうと午後から熱い中外出。その途中電車内でのひとコマなのですが。
席が一つ空いたので座ると、隣は若くて可愛らしい女の子。
何やら熱心に本を読んでらっしゃる。その姿がまた聡明な印象をかもし出すではありませんか。
内容がちょっと気になったのでチラっとどんな本かなと見てみると。

・・・目に飛び込んできたのは、なんともアダルトな単語の羅列。

そう、彼女が読んでいたのはなんと官能小説。それも結構ハードな!カバーがかかってたからわからなかったというか電車内でそれを読みますか!?
まあ僕もやったことあるので人のことは言えませんが(え)それから降りるまでの間気になって気になって。意味もないのにバレやしないか心配になりました。
いったい何者だったのでしょうか・・・大物なのは間違いない。

さて、久々に回顧を書きたいのですがまず一言。
「コパノマユチャンにもっと運を!!」
ということです。なんかこう・・・新馬の後2つとも進路が塞がるような不完全燃焼が続いているだけに本来の力が発揮しきれていない気がしてなりません。あの今回2着したナムラミーティアにも勝っているのならばここで終わってしまうレベルにはあらずだと思うのに・・・本当もう一回リズムを立て直して帰ってきて欲しいです。
それとは別に三浦君!すごいね!デビュー年で初重賞なんて誰以来なんだろう?まだ8月だというのに猛者の集まる函館でこの結果は素晴らしいの一言。転がっているチャンスを動じずしっかりと物にするあたりただのルーキーでないのは皆様も承知のところかと思いますが、いや~どこまで伸びるのかこの子は。
若いだけあって騎乗数も半端なく多いのも注目。これだけ皆乗せたいと思うのも人柄がいいからこそ。生で一度その勇姿を見てみたいですね、なので秋は府中へ!
関屋のほうが語ることがありません(笑)タマモをくさいと思った末に外したのでは言い訳無用。やっぱりここなんですよねえ・・。
マルカシェンクはあのザレマの兄。それだけにこの久々となる勝利は当ブログにとっても嬉しいところ。まあ一人は若干複雑かもしれませんが(え)去年のカンパニーのような存在になりそうで秋にはまた我々を悩ます存在になりそうですね・・・怖。

2008/07/28 (Mon) 23:40
キラッ☆

ただいま競歩王子のmp3プレーヤーにおいてヘビーローテーション中の曲、アニメ「マクロスF」からランカ・リー「星間飛行」の一節より。これが歌詞なのだから驚いた。ポニョに勝るとも劣らないこのキャッチーさはなんだ。
気がつけば口ずさんでおり大好きな歌・・・なのですが、男が歌うにはどうにもキーが合わずなおかつやはりこの「キラッ☆」の言い方が難しく常にキモさ爆発。カラオケで上手く歌えるよう今日も練習に励む日々です。
それにしても菅野よう子さんはの曲はいいものばかり。何か心に訴えかけるような強さを感じます。ただそれ相応の歌唱力が必要なのよね・・やっぱり練習に(ry

さてさて、回顧は久々に明るく行きましょう!

函館記念久々の的中!!

しかも3着写真判定をハナ差制して!!

けどTO・RI・GA・MI!!!!

いや・・・このオチがなんとも僕らしいというか。当たったのを確認する前から人気を確認してなんとなく嫌な予感はしていたのですが、終わってみれば35点買いに3020円の配当なので・・・ね。
レース自体はかつての実力馬トーセンキャプテンが終わりも近い函館開催の芝内側を強襲し、函館ラブホースのフィールドベアーを叩き落した。
3着までを見るとやはりこのレースは巴賞組を軽視するべからずというのが、図らずとも証明された感じ。いきなり函館に物見湯山で来るべからず、一叩きが大事なのですね。
混戦混戦言いながらも上位人気馬が占めた今回。騎手という観点で言えばトーセンと藤岡兄の相性はどうやらいいご様子。2週続けてのメーンジャックとは完璧。この調子だとあの2億2千万ホースは彼のものか。2着秋山も何とか取り戻した愛馬に勝たせてあげたかったとは思うのだがちょっと今回は位置取りが差を分けてしまったか。
逆に気になるのがホワイト。うーん・・藤沢の人気馬に乗っている分もう少し頑張ってもいいような気が。来日も多いだけに環境に適応しつつあると思うだけに奮起を期待。

小倉サマージャンプは2頭の軸が間違っていなかっただけになんとも口惜しい結果に。
連勝中の勢いと内容が伴うバトルブレーヴと前走大敗とはいえ休み明けでの東京が苦手と考えれば小倉で立て直せるはずと踏んだコウエイトライ。強い。もはや菊池騎手、ノリノリである。今後テイエムエースとどっちに乗るのか相当悩むことでしょう。どっちも強すぎるだけに体が二つ欲しい所ですね。
プラス驚いたのがこの馬が本田優厩舎の馬であること。2年目での初重賞制覇はかつてのいぶし銀ジョッキーには意外?な早い結果。長いこと競馬ファンやってると応援していた馬の子供が出てくるように活躍した騎手がこういう形で出てくるのも面白いですね。
にしてもブラックコンドルを外したのは悔しい~!!高田潤の好騎乗により大外枠から先手を取り、あとは注文通りの前々からの競馬。これでは白旗です、だって前に行った者が有利と言っていたんですもん!あぁ・・・前走平地使ってたから怪しいなとは思ったんですが。後の祭りで重ね重ね自分が恨めしい。

とりあえず、7月ラストを宣言どおり笑って終われてよかったです。
まあ若干苦笑いですが。
ともかく!今回感じたいい予感を大事にして、己の目により磨きをかけて8月は更なる的中を増やしたいところ。
暑さに負けずに頑張るぞ!

2008/07/18 (Fri) 09:32
よりにもよって・・・。

昨日ゲームセンターに行ったときのこと。
プレーしようとしたゲームのカードがありませんでした。
・・・会社で落としてました(汗)
そういえば一昨日財布を取り出した時にカードが床に落ちた時、よく確認もせずに閉まったよな・・・と思いだして電話してみたら案の定。見つけてくれたのが後輩でよかった・・・。
結局新たに替えが効くカードだったこと、お金が絡むカードでなかったからよかったなと自分を慰めている競歩王子でございます。
言い訳がましいですが実はこちらも今週かなり追い込まれまして、仕事もプライベートでも水曜あたりまで余裕なく生きておりました。そういう時は何書いても愚痴っぽくなってしまうので自粛。でもここでまた楽しいことを書くことで、また元気になるのも真実なのですが。

競馬はもうどこまでこのスランプは続くのやら。勝ち馬を最後にきってしまったりヒモに人気薄が来て外れたりラジバンダリ。流行りものにはとりあえず乗っておく方向で。
東西ともに逃げ馬がそのまま展開を生かして押し切る形になり、対照的な予想をしていたためレースを見ていて若干複雑な心境でございました。
ワイルドワンダーはこのブログでも散々上位予想に食い込ませているのですがダート短距離での信頼度は高いですね相変わらず。今回はレースのアヤで追い込んで届かなかったもののらしさは見せてくれました。止まって届かなかったわけではなさそうなので、力は十分。今年のJBCスプリントチャンピオンを狙ってほしいものです。って、こう書いて過度な期待をしすぎるとまた見えなくなって予想が転んだりするのですが(笑)
七夕賞も惜しかったなー2着が緑の帽子だったからキャプテンベガか!?いや、勝負服が違う。とコンマ数秒で冷静に敗北を悟りました。得意技の1,3,4着炸裂です。53キロ同士の決着というハンデキャッパーの見極めのすばらしさに脱帽でございます。
たしかどこかのコラムにも書いてあったのですが、今回は実に9キロものハンデ差が生じたレースで。こういった思い切りのいいハンデ差がつくレースというのが少ない気がしてました。しかしここ最近はそういう重賞が続き、48キロの馬が勝ったり、はたまた57キロのトップハンデが粘ったりと、ハンデが原因で予想がより難しくそれでいて面白くさせていると思うのです。
もちろん同じ土俵で力を競うと言う点では少々色が違うのかもしれませんが、ハンデが軽いから出してみようという関係者の方もきっといるはずですからレース自体参加するメンバーも増えるでしょうし、さらに先日の高野騎手のようにハンデが軽いことで、より若手にもチャンスが舞い込んでくる可能性も増えますし。悪いこともあるでしょうがいいことがそれ以上あると思うけどなハンデ戦には。
それ故に表舞台には出てこないハンデキャッパーの方々(たしか3人くらいしかいないはず・・・)には敬意を表したいですね、これからもがんばって下さい。

先日セレクトセールが開催されディープの初子供が上場されたとか。あーもう子供がセリに出てくるだけ時間が経ったんだなと、競馬ファンらしい感慨に浸ったりラジバ・・もういい。
最高額はビワハイジとの子で2億2千万だとか。確かに毎回いい子供出すからなービワハイジ。購入者からいっておそらくトーセンの名前で走ることでしょう。もしやトーセンインパクトだったりして(笑)2年後この予想が当たっていたら拍手喝采!
そしてディープのオーナーであった金子氏も何頭かお買い上げだそうな。比較的安価で買ったみたいですが(それでも8000万くらいだけど)この方の相馬眼と強運は並外れたものがあるだけに、やはりこちらにも注目しておきたいです。

2008/07/10 (Thu) 23:58
新規参入選抜中。

どうもこんばんワルシャワ条約。競歩王子です。
山本モナの行方が気になります。頑張れ。
最近の私はこの夏のボーナスで何を買おうか頭を悩ませてます。電子レンジやベッド・・・そういった家具や電化製品の中でも最も頭を悩ませているのがもう一つのゲーム機。
今我が家にはPS3様がデデンといらっしゃるのですが、そこの隣にwiiを並べるか、それとも通勤のお供にDSかPSPを帯同させようか。この選択が悩ましい!
実用性を考えればPSPか・・・しかしwiiでかつて憧れたファミリートレーナーをやりたい。ユーザーも多くてキャラクター物に強いDSも捨てがたい・・・。
この悩み、7月中には解決したいです。しかしまずは本棚か?

先週もまた寒い結果に終わり本当~にスランプと言うか負の連鎖ががんじがらめでございます。相性が良かったはずのお方も気がつけば4着が目立ってきたり、最終選考で切った馬に逆襲を食らったり。己の目にもっと磨きをかけたいと思う日々です。
函館スプリントは狙い通り・・・とはいかなかったかキンシャサ。早めに抜け出してからは高松宮と同じではあったが少々今回は前に引っ張られたか、首差まで迫られての辛勝。それでもスプリント路線での安定感が高いだけに今後も馬券的に信頼できる存在であることは間違いない。今後はマイルと両にらみで行くのかな。
それ故ウエスタンビーナス、タイセイアトムといった逃げ組はかなり辛いレースになってしまった。実力云々は実績がそれを打ち消すが、今後こういった同型の馬とかち合った時に下げるのかそれとも強引に出るのかが気になる。タイセイ下げても行けそうな気はするんだけどな・・・。
4コーナーも前がごった返しただけに明暗が分かれた。プレミアムボックスとトウショウカレッジは中盤同じ位置にいて、最後のコース取りでプレミアムが外に持ち出すのが遅れていたように見えたのですが・・惜しかった。
ラジオNIKKEIについてはこれぞ惨敗です!!あはは~もう笑います!(おい)
だって・・・ハンデ57キロの時点でデータ的にもしんどいと見たはずのノットアローンがあそこまで粘るとは。伊達に今年オープンを勝った馬じゃない。そして勝ち馬もかつて福島で活躍した馬。当たり前ですが勝つ事には必ず何か理由があるものですね。
いやもう・・・不安要素が当たり自信要素が外れる最悪のサンドイッチになっちゃいました・・・。こういう時はもうただ貝になりたい、素数でも数えて落ち着きます。

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。