書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/12/16 (Sun) 16:45
今週の回顧

こんにちは、霧です。

競馬の難しさを痛感させられた今週の結果。
言いたいことはあるのですが、あえて前置きは簡潔に、さらっと重賞レースを振り返って参りましょう。

【愛知杯】
1着:ディアデラノビア(▲)
2着:ニシノマナムスメ(△)
3着:アドマイヤキッス(◎)

これぞ熟女の意地。ディアデラノビアが57kgのトップハンデをものともせず鋭い末脚を披露。三つ目の重賞をゲットした。
レースは予想通りシェルズレイが淀みないラップで逃げ、各馬の底力が試される展開に。直線内を突いたニシノマナムスメ、真ん中からのディアデラノビア、外から猛襲のアドマイヤキッス…それぞれの差は僅かで実力的には殆ど差が無かったと言っていいだろう。
ディアデラノビア、アドマイヤキッスが牝馬の中では上位なのは既に周知の事実だが、重量の恩恵があったとは言えここまで僅差の競馬に持ち込んだニシノマナムスメ陣営は誇ってよいはず。これからまだまだスケールアップしそうな印象もあり、来年が楽しみになった。
三着以下は少し離れたが、アルコセニョーラやマイネカンナなども非常にいい脚を使って伸びてきてはいる。今回は古馬の壁に跳ね返された格好だが、来年になればまだ差は詰まるはずだ。

【フェアリーS】
1着:ルルパンブルー(△)
2着:スワンキーポーチ(無印)
3着:マイネレーツェル(無印)

この距離、このコースこそが自分の庭。
同じ条件のカンナSの勝ち馬ルルパンブルーが前走の敗退から一気の巻き返し。超ハイペースも味方に付けて豪快な差し切りを見せた。
不利といわれる大外枠から無理せず最後方へ。リズムに乗れていないのではとも一瞬思わせたが、結果としてこの位置取りが勝因に。前が完全に潰れるハイペースだっただけに、それに巻き込まれなかったのは大きい。
気性的に燃えやすく、距離もたず、輸送が駄目と非常に好走条件の限られそうな馬だが、逆に言えば狙い撃ちが出来るということでもある。今後もあまり人気になりそうなタイプで無いだけに、走りそうなタイミングを見逃さないようにしたい。
二着にはキャリア一戦のスワンキーポーチ。
こちらも後方からデビュー戦同様鋭い脚を見せたが、ほんの僅かに展開に泣かされた格好か。ただ力は十分見せただけに今後も注目。
今のところの見立てでは適距離1400~1800mくらいのトライアル好走型マイラー。大物感という点では疑問符が付くが、堅実に走ってきそうだ。
期待したビーチアイドルは六着。
何故か道中は離れた最後方からの競馬になり、全く流れに乗れていなかった。体重も大きく減ってしまっていたため、状態一息だったと見るのが妥当か。
回転の速い走法はやはりこの距離でこそという感じがするので、立て直して春の短距離路線での一発に期待したいところだ。

【阪神C】
1着:スズカフェニックス(◎)
2着:ジョリーダンス(☆)
3着:ブルーメンブラット(無印)

春の王者が復活の末脚。一番人気の重圧も短い直線もなんのその、一枚上手の実力を他馬にまざまざと見せ付けた。
道中はいつもよりやや前の中団から。いつでも前を交わせそうな抜群の手応えを残り200mで爆発させると、あっという間に突き抜けた。
ここの所最後方からの競馬ばかりだったため惜敗が続いたが、今回のような位置で競馬が出来るなら信頼度は更に増す。来年の高松宮記念連覇の可能性はかなり高くなったのではないだろうか。
二着にはようやく本来の走りを見せたジョリーダンス。
やはりこの馬はスピードよりも底力を求められる舞台の方が向いているようだ。直線に坂がある舞台で強い相手と戦う時こそが買い時と言えるだろう。
三着には重賞実績の無かったブルーメンブラットが入り、成長力をアピール。ようやくこのクラスでやれるだけの力を付けてきたようで、こうなった時のアドマイヤベガ産駒は怖い。次走も注目だ。





はい、例の如くメインはボロッボロですね。
ようやくジョリーダンスが来てくれたと思ったら軸の片割れは馬群に沈んでいくし、当てたら当てたで赤字だし…。

が、それは。
メインだけの話!!

中京10Rの三連単88.1倍的中。
中京11Rのリオサンバシチーの単勝53.6倍的中。
極めつけは中京12Rの三連単213.2倍を300円買い、何週か前同様中京だけで大幅なプラス収支を達成しました!
どうしたんだこれは…今年の中京との相性の良さは異常。
これが中央場所でも出てくれればいいのに!

何はともあれ、形こそ違えど有馬記念の軍資金を作るという目的は達成。PAT会員の個人ページで見れる今年の総合収支も一気にプラスに転じ、これ以上無い形で最後の大一番を迎えられそうです。
いよいよ今年最後の大決戦。
熱いクリスマスが筆者を待っているのさー!
スポンサーサイト

<< ビンの謎。-発見編から解明編までー | ホーム | フェアリーS&阪神C >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。