書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/12/22 (Sat) 14:10
ラストスパートに向けて。

おはようございます、実家に帰省したはいいけどこの年末でみんな忙しく一人寂しく家にいる競歩王子です(泣)立て続けに予定が取り消しになると人間そこはかとなく寂しく感じるもの。
しかしこう愚痴をこぼしても状況が突然好転するわけではありません!むしろ貧乏神がやってきてしまうその前に気合を入れなおして予想に行きましょう。残りはついに3レース、終わりよければすべてよし、今週こそは完全的中を狙って。

まずは中山大障害から。
障害もあらゆるコースで行われていますがG1の行われる中山は顕著にコースの得意不得意が結果に結びついてしまうもの。かつてロードプリヴェイルという障害で連勝街道を驀進していた馬がなぜかG1では敗戦を続けた例があるように求められる最大要素は中山適性。女王コウエイトライがいないのが少し残念ですが、メンバーは個性派揃い。最長距離のG1王座は誰の手に。
本命はテイエムドラゴン。
国内で障害の重賞で日本馬に先着を許したことはなし。あの老練なる飛行者カラジとも首差を演じたのはもう1年半も前・・・なんて思ってた復帰戦の京都があの圧勝劇。とても46キロ増の走りとは思えぬ底知れない強さを感じました。中山は大障害を制し、グランドジャンプ2着で全く問題なし。斤量も距離も経験済みとくれば磐石だと思うが。

対抗はマルカラスカル
こちらは昨年の覇者。鮮やか過ぎる6馬身差の逃亡劇から1年ぶりの障害となる。陣営は予定通りの平地2戦と言ってはいるが、内容は正直メルシーエイタイムの前走平地戦と比べれば内容はかなり劣る。それでも西谷騎手がこちらを選んだのだから(東京HJはメルシーの騎手が西谷だった)前にさえいければと注文はつけるが強いはずなのだ。

3番手はメルシーエイタイム
上で語ったように前の平地戦ではきっちり伸びての3着。どちらかといえばこのレースで着に絡みやすいのは差し馬。2年連続2着ともう一歩の脚とはいえ基準以上の強さを発揮できる舞台であり、欠かすことのできない存在である。騎手の乗り代わりというのが少々不安を呼んでしまうデータなのだがどうでるか横山義。

以下は障害転向後の成績優秀、明日への勢いをつけられるか松田国厩舎のブラックコンドル。勢いをつけたいのはこちらも同じ、0勝騎手の有馬記念とは言わせないぞ高田潤の逆襲キングジョイ、大外から前につけなくてはいけないと難題を抱えてはいるが強さのレベルはメンバー上位の新潟チャンプミヤビペルセウスの6頭で。
さあ問題は買い方ですが・・テイエム軸の3連単マルチ。もしテイエムが敗れるようなことがあれば相当跳ね上がるのでは?

続いてラジオNIKKEI杯2歳ステークス。レース名長いよ!
探しているうちに見つけた最も興味深いデータ。それは「2番人気が強い」というもの。事実ここ11年では(7.2.1.1)と異常な連帯率を誇っているのである。上位人気が確実に入着しているようにかなり硬めなレースと言える。
本命はダノンイサオ。
そんな2番人気に現在(13:35現在)位置しているのがこの馬。武豊が3頭いるお手馬から選んだのがこのイサオ。2戦1勝さはいずれも首差。これだけだと地味にうつるが新馬戦で競り落としたのはエリカ賞を制したアルスノヴァ。タイムが2000メートル2分7秒1なのに上がりは33秒9というよーいドンだけで勝つパフォーマンスも含めて秘めたる力は相当だと思う。不安があるとすれば「ダノン」の冠名(え)どうもダノックスの馬は人気をかなり背負って惜敗のイメージがあるだけにここで払拭してもらいたい(僕も含めて)

対抗はフローテーション。
2連勝中でレースセンスの高さも評価されている優等生。戦ってきた相手に若干恵まれたとも言われているがサブジェクトやダンツキッスイなどをものさしに考えればある程度のオープン馬ならば押さえ込むことは現時点で可能と見越せる。ルメール=橋口ラインという大物食いの方程式が今回もやってくれるのか。

以下は新馬戦の内容が期待大。距離と大外枠さえ克服できれば大物の予感サダムイダテン。そっぽを向いて走っても差しきるやんちゃな少年の飛躍を。アクシデントを乗り越えてオリエンタルロック。阪神での安定感は異常。雨で上がりがかかるようなら浮上チャンスのランチボックス。朝日杯の不完全燃焼をここで晴らすべくペリエを配して捲土重来サブジェクトの6頭で。
ダノン、フローの2頭を軸に3連単マルチで。

おまけ。中山メインはニュービギニング、中京はキルシュワッサーとユメノオーラの2頭を軸に。や、なんとなく今目に付いたので(笑)
スポンサーサイト

<< 戯れ馬・今年最後の聖戦 | ホーム | 中山大障害&ラジオNIKKEI賞2歳S >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。