書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/22 (Sat) 20:01
オールカマー&神戸新聞杯

こんにちは、二日酔いの霧です。
昨日は飲み会から帰ってきて、風呂に入ろうとしたまでは覚えているのですがちょっと横になった拍子に寝てしまった様子。
起きたら何故か全裸だったのは、部屋が暑かったということにしておこう。

それはさておき、今週もトライアルレースが続きます。
中山の名物G2・オールカマーと、今年から距離が2400mに伸びて菊花賞への直結が期待される阪神・神戸新聞杯。
春に活躍した有力馬達が、続々と復帰してきます。
ここを当てられなければ本番も当てられる訳が無い…そんな意気で魂の予想、参ります。

まずはオールカマーから。

本命はシルクネクサス。
年明けから休み無く使い込まれているが、AJCC3着、中京記念2着、巴賞1着とコンスタントに好走している本馬。
負けたレースも全て勝ち馬から1秒離されておらず、流れと相手一つ重賞を制すだけの力は十分に持っていると思われる。
1600や2000などの根幹距離に比べ、今回の2200という距離では安定感が増す。
ベストを挙げるなら1800mだが、実際に同距離G2で3着していることを考えれば大きな問題は無いだろう。
上位人気馬に休み明けの馬が目立つだけに、使われている強みを生かした一発に期待する。

対抗はダイイチアトム。
デビューから安定した走りを見せ、初の重賞挑戦となった前走・新潟記念でも0.3秒差4着と健闘した本馬。
良血馬がようやく本格化してきた印象で、更なる上昇カーブを描いていればG2のここでも大きな差は無いはず。
それほど切れる脚が使えるタイプではないので、中山コース替わりも歓迎材料。
通算成績(4.4.2.5)という大崩れの無さで、格上討伐を狙う。

以下、同条件のAJCC圧勝が記憶に新しいマツリダゴッホが三番手。
重量有利な3歳馬サンツェッペリンも抑えておきたい。
穴はタマモサポート。
夏競馬で使われるごとに先行力が強力になっている本馬。
気性がやや激しく、アテにならない面は依然としてあるものの、ツボにはまればこのメンバーでも凌ぎきる可能性がある。
人気が予想されるネヴァブションだが、流石に骨折放牧明けは厳しいと見て、今回は切ることに。一度叩いてからだろう。

【まとめ】
◎シルクネクサス
○ダイイチアトム
▲マツリダゴッホ
△サンツェッペリン
☆タマモサポート

買い目は◎1頭軸の三連単マルチで、○以下に流し。
軸が中人気だけに当たれば大きいかも?

間髪いれず、神戸新聞杯参ります。
出走メンバーを見渡すと、春からの有力組と、夏からの新興勢力組がバランス良くミックスされている印象。
距離が2400mになったことに加え、ヴィクトリー、アサクサキングス、ホクトスルタン、マイネルキーロフなど、どちらかと言えばハナを切りたい馬が多数おり、スタミナや底力の勝負になるように思える。

その中で本命はフサイチホウオー。
一番人気が予想される本馬だが、それはつまるところ信頼の証明。
ダービーの敗戦ですっかり影が薄くなってしまったが、それまではこの馬が春の主役だったことを忘れてはならない。
平常心を保つことができれば間違いなく強いのはそれまでの戦績が示す通り。
2400mという距離も心配無く、底力勝負になるなら尚更お手の物。
夏を越して破壊力を増した脚を見てみたいのはあくまで筆者の我儘だが、この馬なら期待に応えてくれると信じている。

対抗はドリームジャーニー。
長距離は騎手の腕がモノを言うと言われているが、今回その格言の恩恵が一番大きそうなのはこの馬だろう。菊花賞や春の天皇賞のみならず、長距離レースを幾つも制してきた武豊騎手を今回鞍上に迎えて、菊候補筆頭を狙いに来た。
春は末脚こそ抜群の切れだったが、あと一歩が足らない競馬。
早熟説も飛び交っているが、ステイゴールド×メジロマックイーンといういかにも晩成な血統は、むしろこれからの成長を期待させる。
前向きな気性が長距離でどう出るかだが、今回は引っ張る馬が居てくれるので、自分の競馬に徹することが出来るはず。
直線で小型の弾丸となることが出来るか、要注目。

以下、ダービーは案外も本来のしぶとさを生かせば浮上しそうなヒラボクロイヤルが三番手。
展開面では厳しそうだが、秘める能力は最上位の皐月賞馬ヴィクトリー、良馬場でこその新星マンハッタンスカイにも注意を払いたい。
穴はフェザーケープ。
前走の敗退で大きく人気を落としているが、意外性のあるキングヘイロー産駒だけに驚くような一変もあり得る。

【まとめ】
◎フサイチホウオー
○ドリームジャーニー
▲ヒラボクロイヤル
△ヴィクトリー、マンハッタンスカイ
☆フェザーケープ

買い目は◎1着付けの三連単で、○以下に流し。

牡馬勢よ、熱い牝馬勢に負けない競馬を見せてくれー!
スポンサーサイト

<< 今度こそ。 | ホーム | 事実は小説より奇なり。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。