書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/01/09 (Wed) 18:58
対談・2007年を振り返るⅢ

今年の年度代表馬はアドマイヤムーン。
ドバイDFと宝塚記念、JC優勝。
実績的には文句無しである。

が、戯れ馬管理人二人の選んだ年度代表馬は彼ではなかった。
果たして、その馬とは――





【年度代表馬】
王:迷いません。ダイワスカーレットで!
霧:ベッ、ベベベベベ、ベッ…ベ………っ。
王:ベリーベリナイスか。
(栗東、増本厩舎所属の3歳牝馬。ブラックタキシードの子供として昨年2勝。今も現役)
霧:…ダイワスカーレットですよ!
王:あの有馬が最後きいた。G1の勝ち数もそうだし内容が濃い。今年は何より強い3歳牝馬たちが席巻した年。それだけにその中で一番強い馬を選ぶのがやはり妥当ではないかと。
霧:うむ、概ね同意。あの有馬で本当に強いことを印象付けたのが決め手。来年はドバイらしいが十分に期待が持てる。
フェブラリーから始動とかいう話なんだけど、また我々を悩ます気ですね…

王:これまでの歴史からいってもこんな3歳牝馬がいた記憶は無い。ヒシアマゾンが近いと思うが、それを超えるワールドクラス。もしこれでダートもできたらもうどうしよう。
霧:近親にヴァーミリアンってことは、こなす余地が無いわけでもない。
王:そう…だな、ますます怖い。
霧:ドバイWCも、この馬とヴァーミリアン二頭出しなら色気持てるんじゃないかなぁ。
王:ドバイの後も、黄金期はまだまだ続きそうなだけに今年一年無事に過ごして欲しいものです。
霧:ベッラレイアファンとしてはこの馬は最大の壁。けれども相手が強ければ強いほどそれを倒した時の感動は大きいわけで。そういう意味では半端な競馬はして欲しくない。いち競馬ファンとしてはどこまでこの馬が強くなるのか純粋に楽しみではあるけれど。
王:逃げと追い込みという対照的なライバルだからねぇ。展開一つで大きく変わりそうなのもまた興味深い。
霧:というわけなのでドバイの後は是非ヴィクトリアマイルでレイアと対決を!
王:間隔短いよw


【特別賞・霧賞】
霧:来ました、俺の時代。
王:聞いてないよw
霧:何のために三歳牝馬のカテゴリで我慢したと思ってるんだ…。
王:そのまま自重してくれても良かったのに…そこかしこにそれを臭わせてるくせに今更何を語ることがあるというんだこれ以上w
霧:やかましい、黙って聞く!(カッ
王:まあいいや、思う存分語ってくれたまへ。
霧:というわけで霧賞はベッラレイア。産駒成績が散々な父ナリタトップロードという血統において良くぞ出て来てくれたと感謝してもしきれぬほどの稼ぎ頭っぷり。父とは正反対の切れ過ぎる末脚を繰り出すかと思えば、除外連発や展開不利など父に似た不運も持ち合わせており、俺に愛されるために生まれてきたとしか思えな(中略)デビュー戦での脚に度肝を抜かれて注目し続けてきた俺の目は間違いじゃなかったと(中略)惜しくも今年はG1獲得とはいかなかったけれど、今年こそは彼女の時代。休みを挟んでパワーアップしたその豪脚(中略)残り一世代を残すのみになってしまった父にG1の勲章をプレゼントしてくれるのは勿論この(中略)それに加えてダイワスカーレットやウオッカとの再戦もこれ以上無いくらいのわくわく感(中略)ヤスダヨーグルト美味しいよね!?
王:ちょwwwおまwww長っ!そして最後明らかにおかしいし!
霧:(出し切った表情)
王:伝わらねぇw
霧:(満面の笑顔)
王:キモッ!
霧:キモ言うな、失礼な!
王:釘宮理恵の声を意識すればキモくはならないはずだw
霧:うるちゃいうるちゃいうるちゃい!
王:そういうこと言う人は死んでしまえばいいよw
霧:何という言われようだ…そっちの特別賞は誰なのさ!


【特別賞・競歩王子賞】
王:迷ったのだがサンライズマックス。もちろんドリームジャーニーにもあげたいのだが中日新聞杯の勝ち方が心底あきれるほどよかった。一陣の疾風のように切り裂くその脚はまさにステイゴールドの子供によく見られるもの。戦慄の走ったあの走り、来期への期待も込めての王子賞を送ります。
霧:なるほど、ここで彼が来たか…。こっちはドリジャで今年の期待馬がマックスだと思ってたのに。
王:うーん、ドリジャは力があると知っていたのとマックスは超新星としていきなり出てきたインパクトの差かな。
霧:ほう、じゃあ期待馬は他にいるということか。
王:うーむ、まぁそんなところ。
霧:なるほど…じゃあそれは後を楽しみに。次はベストレースいきましょか。





to be continued...
スポンサーサイト

<< 対談・2007年を振り返るFinal | ホーム | 爆弾を食べちゃいけません。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。