書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/23 (Sun) 16:37
今週の回顧

こんにちは、霧です。
競馬を見ようと思ったら総裁選が生中継されてました。
正直自民党なんぞには興味が無いので、いい迷惑です。
メインレースは放映したけど、パドックとかも見たかったよ!

というわけで、今週の回顧参りましょう。

【オールカマー】
1着:マツリダゴッホ(▲)
2着:シルクネクサス(◎)
3着:エリモハリアー(無印)

やはり自分の舞台では強い。マツリダゴッホが力強く差しきった。
直線に向いて手応えの無かった札幌記念とは打って変わって、今日は3コーナーあたりから得意のロングスパート。
うなるような手応えで先行勢に取り付き、あとはそのまま押し切るというAJCCとそっくりな内容。
好走してもおかしくないとは思ったが、ここまでガラリと変わるとは思わなかった。よほど中山の芝が合っているように思える。
次走は天皇賞になると思うが、府中でも同じような競馬ができれば有力候補の一頭と言える…が、近年オールカマーがあまり本番に直結していないのが気になる。この馬はジンクスを覆せるだろうか。

2着にはシルクネクサス。
瞬発力勝負では分が悪いという陣営の言葉どおり、こちらも勝ち馬同様のロングスパートを敢行。勝ち馬には差されたものの、他馬には決定的な差をつけて粘りこんだ。最後差し返す素振りも見せており、この馬自身少しずつではあるが成長の跡が見える。
とは言えG1では疑問符が付くという評価は変わらず。
ローカルに戻っての1800m戦で改めて狙い撃ちしてみたい。

3着にはエリモハリアーが突っ込んできた。
洋芝、しかも函館の芝専門と思っていたので、ここでの好走は意外。
初コースで適正が掴めなかったのもあるが、父ノーザンダンサー系で中山コースが合わないはずは無かった。詰めの甘い予想を反省。
とは言えこちらもG1では疑問符。これからもローカル転戦が予想されるが、この切れ味が健在ならまだまだ侮れない存在になるかもしれない。

対抗に推したダイイチアトムは5着。
4コーナーで勝ち馬と併せ馬になって上がってきたときは的中を確信したのだが…。
とりあえずここでこの結果なら、自己条件では確勝級。
しっかり賞金を積み上げてのオープン参戦に期待したい。

【神戸新聞杯】
1着:ドリームジャーニー(○)
2着:アサクサキングス(無印)
3着:ヴィクトリー(△)

小型の弾丸、馬群を貫通!
ドリームジャーニーが圧倒的な末脚で後方一気を決めた。
予想された通り前半から後方に付け、末脚に賭ける競馬。
先行勢がやり合う淀み無いペースの中、阪神の長い直線を生かして一気に突き抜けてきた。
ペースは速めだったが、2着以下の上位馬は全て先行馬。完全な前残りの競馬をただ一頭覆したことになる。
折り合いも実にスムーズで、末脚は健在。随所に成長の跡が見えた。
この勝利でマイラー説も払拭し、父同様大舞台での戦いに身を投じていくことになる。
父の勝てなかった菊花賞、息子は突き抜けられるだろうか。

2着にはアサクサキングス。
ダービー2着が決してフロックではなかったことを印象付けた今回。
予想以上にこの馬は強く、そしてしぶとい。直線で勝ち馬と馬体が併さった時に再び一緒に伸びたのには驚いた。
菊花賞でも今回同様先行勢が揃うことが予想されるが、この馬の動きがカギを握ることになる。
派手な存在に囲まれ決して目立つとはいえない存在だが、それが逆に不気味さを帯びてきた。

3着ヴィクトリーは相変わらずレースでの難しさを見せてしまった。
終始騎手が抑え、直線ではフラフラ。
それでも3着まで来るのだから、まともに走れば圧倒的な能力を秘めているはず。
変に抑えずに逃がしたほうが良いような気がするのだが、果たして…。
未だに読めないこの馬、菊花賞はどう出てくるのだろうか。

本命に推したフサイチホウオーは12着と大惨敗。
去年暮れから春先までのレースからは信じられないくらいの失速ぶりだ。
ダービーで歯車が狂ってしまったのか、それとも距離が長いのか。
いずれにせよ世代牡馬筆頭の座からは完全に陥落してしまった。
今回のレースを見る限りでは、叩いて良くなるというレベルでは無いような気がする。
去年から有力馬として共に走ってきたドリームジャーニーとフサイチホウオー。
ここにきて両者の明暗がはっきりと分かれてしまった。

トライアルが終わっても、確固たる主役は決まらず。
今年の菊は相当に乱戦になりそうだ。
スポンサーサイト

<< 全身筋肉痛。 | ホーム | 今度こそ。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。