書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/02/09 (Sat) 12:07
小倉大賞典&白富士S

こんにちは、霧です。
朝起きてみると何故かカテゴリが増えている…。
ついに歌唱予想だけで独立させた相方に思わず噴いたのは内緒です。
さて、ここまで相方は的中二回。対して筆者はまだ的中無し。
昨年末から全く当たっていない事実に、自分でも乾いた笑いしか出ません。
幸い今週は三連休でもあるので、重賞だけでなく各場のメインも予想してみたいと思います。これくらいの荒療治をしないと流れが変わる気がしない…。

ではまず初めは重賞から。
荒れる予感漂う小倉大賞典から参りましょう。

本命はフィールドベアー。
昨年初頭から力を付け、ようやく重賞路線に顔を出すようになった本馬。
初挑戦だった鳴尾記念では九着、前走京都金杯では五着と、着順だけ見ればやや苦戦を強いられているものの、実際のところ勝ち馬との着差はどちらも一秒以内。特に前走では実力馬サクラメガワンダーとの差は僅か0.2秒、更に先週の東京新聞杯で激走したリキッドノーツには0.4秒差を付けて先着と、流れ一つでタイトルを取るだけの力は十分に持っている。
コーナーを回る回数の多いコースに対する適正もかなりあり、内側が荒れてきた今なら外枠もむしろ有利に働きそう。人気は無いがここは強気に狙ってみたい。

対抗はニルヴァーナ。
素質馬が自己条件をクリアして再び重賞路線に戻ってきた。
ダートで無類の強さを誇ったゴールドアリュールの半弟であり、力の要る馬場はお手の物。少し天気が悪く、時計の掛かりそうな今回は本馬にとってこれ以上無い舞台となりそう。
まだ未完成だった昨年夏に小倉記念で僅差四着があるように、コースに対する適正も問題なし。勢いを持って臨んでくるのも好感が持て、今回も好勝負必至だろう。

以下、強気に行ってこそ実力発揮のマルカシェンクも十分圏内。
シルクネクサス、アサカディフィートら1800の鬼達も忘れずに抑えたい。
穴はデンシャミチ。
近走こそ大敗続きだが、昨年夏には57kgを背負ってタマモサポート、カネトシツヨシオーら重賞好走馬を完封。隠れた小倉巧者の可能性があり、51kgなら一変があっても良いのではないか。

【まとめ】
◎フィールドベアー
○ニルヴァーナ
▲マルカシェンク
△シルクネクサス、アサカディフィート
☆デンシャミチ
買い目は久々三連複ボックスでの20点。

続いて東京メインの白富士S。
もしかしたら今日最も難易度が高いのはこのレースかもしれない。
オープンの番人、復活の強豪、未知の芝適正…様々な要素が絡み合い、どんな決着になっても驚けなさそうなメンバー構成になっている。

本命はメテオバースト。
二歳時から息の長い活躍を見せている同馬だが、七歳となった今年も前走AJCCであわやの脚を見せて再び上昇の兆しを見せている。
実績がマイルに集中しているのは不安といえば不安であるが、近走では中距離でも悪く無い競馬が続いており、年を経ての余裕と言うものが出てきたのかもしれない。状態面に不安のある馬が多い中で、マイナス材料が少ないと言うのは大きなプラス材料。ここで好走して、重賞路線でもう一花咲かせて欲しいところだ。

対抗はグラスボンバー。
昨秋に復帰してから勝ち星こそ無いものの、着差は僅か。実績馬だけに斤量もそれほど楽でないことを考えれば立派な成績だと言える。
今回もただ一頭57kgを背負うなど決して条件は楽ではないが、相手関係は近走のどのレースよりも楽。時計の掛かる馬場も歓迎で、久々の馬券圏内の可能性は十分。

以下、不気味さ漂う実績馬トーホウアラン。
東京では無条件で狙い打ちたい白き美女ヤマニンアラバスタ。
復活の豪脚披露といきたいゴールドアグリ。
穴はタガノデンジャラス。
迷走続く近走も、昨春の大阪杯くらい走れれば大きな差は無いはず。
加えて、馬券抜きで注目なのがフィフティーワナー。
長期休養明け、初芝と条件は非常に厳しいが、これまでの圧倒的なレースぶりを考えれば楽々クリアしても不思議ではない力の持ち主。ここで勝つようなら本当に化け物だ。

【まとめ】
◎メテオバースト
○グラスボンバー
▲トーホウアラン
△ヤマニンアラバスタ、ゴールドアグリ
☆タガノデンジャラス
★フィフティーワナー

買い目は☆までの三連複ボックス20点と、★の単勝の合計21点。

さぁ流石に息切れしてきましたよ。
トリを飾るのは京都の山城S。
明日のシルクロードSと同じ舞台だけに、大きな参考レースとなるはず。
って、土曜開催中止!?
明日のシルクロードは一体どうなるんだろう…。
スポンサーサイト

<< シルクロードS&周防灘特別 | ホーム | 王子の歌唱予想、2008年一発目。~からこれかよ!というツッコミが聞こえる~ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。