書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/02/17 (Sun) 14:08
K・I・S・A・R・A・G・I!Let‘sGo!

こんにちは、競歩王子です。
絶賛インフルエンザ中です。
助けてください、いやマジで。

まあ今は薬で熱も下がってはいるのですが昨日がほとんど人として行動しておりませんでした。病院で座薬まで使った結果体の痛みも治まりはしたのですがまだまだ苦しいです。
そんなわけで予告していた歌予想は考えるのが困難な状態のため、中止・・いや、延期いたします。来週にはできるといいなぁ・・・。
で、考えていたネタというのがタイトルにあるものです。以前このブログでも書いた「みなみけ」というアニメの主題歌「経験値上昇中」という歌の一説に「M・I・N・A・M・I・K・E!」というみなみけのタイトルそのままな歌詞があるのですがそれをきさらぎ賞で使いたかったんです。Let‘sGo!の部分でレッツゴーキリシマにしたりとか・・・。

悔やんでも仕方ないので予想行きます。まずはダイヤモンドS。
◎コンラッド(今回1~3着までが出走している迎春S組。その勝ち馬である同馬はメンバーの中でも最速の上がり。直線の長い東京なら更にそれは生きる。かつては重賞も制した馬、長い距離に適性が出たとなればチャンス)
○ブラックアルタイル(東京コースでは勝ちこそないが4度走って全て馬券圏内。しかも前走のAJCC3着からは2キロ減のおまけつき。どのクラスでも相手なりに走れるのであれば3着以内に入る可能性は高そう)
▲アドマイヤモナーク(痛いのは57.5キロ・・・これまでチャクラの3着が過去最高という長距離はやはり背中が重いとしんどいという結果をまざまざと見せ付けてはいるのですが、それでもメンバーを見れば実力差であっさりがあってもおかしくはない)
△エフティイカロス(こちら迎春の2着。中山2500で2連帯してきただけに調子は良さそう。母父トニービンもあるだけにけして東京不向きではないと思われる)
△エーシンダードマン(ステイヤーズでは中山コースで末脚不発に終わったが広く直線の長い東京ならば間違いなくいい結果に繋がると思う。東京新聞杯で不発に終わった兄貴の分までここで頑張れ・・・ってなんか前も同じこと言ってたような気が(笑))
△ラムタラプリンス(条件馬ではあるが今回出走しているメンバーとも僅差の競馬をしているだけに背中が軽いと言わざるを得ない。徹底した長距離戦線でのローテを見てもここで一発があって不思議じゃない存在)
買い目は三連複ボックスで~

続いてきさらぎ賞。あ、頭が~!!バルス!(え)
◎ブラックシェル(また金子か!という感じで今年も有力ホースを送り込んでくる金子ー松田国ー武ラインなのですが、血統を見ればそれも納得。懐かしいなーオイスターチケット。この馬で最も評価されるのはおそらくホープフル。不利を受けても京成杯の勝ち馬マイネルチャールズと0秒1差。未来を見据えた距離の使い方。京都の好相性。混沌とした牡馬戦線であるがここではなんとか外れないで欲しい・・・!)
○レッツゴーキリシマ(最大条件は先行すること。それさえできればキャリアが何とかしてくれる。距離未経験なうえに他より1キロ重いのが気になるが安定した結果を残しているだけにここで大きな負けはないはず。好調な幸にのってみよう)
▲スマイルジャック(1勝馬だがこちらもキャリア豊富で安定した能力を見せている馬。のちの重賞好走馬たちとも渡り歩いてきただけに軽視禁物。前走は取りこぼしてしまったが叩いて2戦目の今回は必勝大勢だろう)
△ダイシンプラン(ブラックシェルが先着を許した2頭のうちの1頭。調教でもアドマイヤオーラを競り落とすほどの力はあるのですがいかんせん気性が子供なのか走る気にならないとアウト。今回は雪で馬場も少々悪くなりそうなだけに出遅れが致命的にならなければいいのだが・・・)
△アグネススターチ(前走がダートでの圧勝だけに評価が難しいところではあるが、それでもデビュー戦では芝千八を上がり34秒台で2着しているだけに全くダメというわけではなさそう。少々力が要りそうな馬場だけにあっさり逃げ切りももしかしたら?)
△ヤマニンキングリー(勝利か惨敗かを繰り返す馬。その勝ったとき2回だけ乗っていたのは藤田。今回戻ってきたことで鬼に金棒といったところか。トールポピーにも勝った実力は侮れない)
△アルカザン(無敗の京都巧者であるが今回は休み明けで若干の割引が必要か。2戦連続首差の勝負根性が発揮できれば面白い)
買い目はブラックシェルから流す三連複。サダムの二の舞だけにはならないで!

終わった・・・とりあえずまた寝ます。
これで両方当たったらそれはそれでどうなんだろう(笑)
スポンサーサイト

<< 今週の回顧 | ホーム | ダイヤモンドS&きさらぎ賞 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。