書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/02/17 (Sun) 16:54
今週の回顧

今見てみたらアクセスカウンタが666でした。
こんにちは、ダミアン霧です。

いやしかし、本当に悪魔に魅入られたかのような当たらなさ。
特に◎の成績が散々なもので、我ながら呆れを通り越して笑うしかありません。
いつ戻ってくるの、昨年の勢い。・゚・(ノД`)・゚・。
…というわけで、泣きながら今週の回顧参りましょう。

【ダイヤモンドS】
1着:アドマイヤモナーク(▲)
2着:コンラッド(無印)
3着:レーザーズエッジ(無印)

トップハンデも何のその。アドマイナモナークが力の違いをまざまざと見せ付けて圧勝。重賞二連勝を飾ると共に、春の天皇賞に向けて大きな一歩を踏み出した。
3400を走っているとは思えない直線の手応えは、春の大舞台を十分に意識させるもの。ここに来ての充実度は本当に凄い。
メイショウサムソンがドバイを回避し天皇賞に向かうことが発表されたが、今のアドマイナモナークならば距離適正の差でカバーできるのではとも思ってしまう。
とは言えここ二戦の対戦メンバーは決して一線級とは言えず、この後の阪神大賞典や日経賞など、G1馬が復帰してくるレースでどれだけやれるかだろう。

二着にはコンラッド。
これまで中距離を中心に使われていたが、やはり血統とは正直なもので初の3400mにも難なく対応して見せた。
これまで見せていた気の悪さも少しではあるが落ち着き、力を発揮しやすくなっているようだが、いかんせんもう一歩のパンチ力が足りないように見える。展開の助けあって浮上してくるタイプか。

三着には人気薄レーザーズエッジが入り、三連系馬券は波乱の結果に。近走勝ち星こそ無いものの、着差は僅かで大崩れしないタイプであった本馬。それは分かっていたがここでは流石に手を伸ばせなかった。こうした人気の盲点になっている馬を狙い打てるようになれば、がしがし高配当も取れるのだろうが…。

【きさらぎ賞】
1着:レインボーペガサス(無印)
2着:スマイルジャック(○)
3着:ヤマニンキングリー(無印)

ダートで培ったパワーが爆発。未勝利戦、500万下、全日本二歳優駿と砂の舞台で好走してきたレインボーペガサスが芝で重賞初勝利。一躍クラシック候補に名乗りを挙げた。
若干パワーを要す馬場になっている今の京都も味方したのだろうが、直線の伸びっぷりは大変力強いものだった。アグネスタキオン×母父デインヒルという芝でこその血統の持ち主で、今後もあまり大崩れはしなさそうな印象。ダートでの走りっぷりもかなりのものだったので、今後の選択肢は非常に幅広いものとなりそうだ。

二着には物差し馬スマイルジャック。
早めの仕掛けで目標にされる格好ながら、二着を確保したのは流石。これでようやくオープン入りを果たし、トライアルにも無事出走出来そうである。これだけ主役が入れ替わる世代の中において常に安定した成績なのは評価していい。もしかしたらこういう世代を平定するのは意外とこの手の馬なのでは…とも思ったり思わなかったり。

一番人気ブラックシェルはスタートで出遅れ。そのまま最後方追走で直線は大外という、負けるならこういう競馬だろうなという競馬をしてしまった。上がりは流石に最速の34.5を計時しているが、これまでのレースからも少し物足りない印象が残った。プラス10kgという太目の馬体の影響があったのではないだろうか。
賞金的にはまだ一介のOP馬に過ぎないだけに、クラシック出走のためにはトライアル好走が必須条件。巻き返しなるか次走注目だ。
スポンサーサイト

<< 歌唱回顧・・・でもないか。 | ホーム | K・I・S・A・R・A・G・I!Let‘sGo! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。