書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/03/07 (Fri) 22:28
オーシャンS&チューリップ賞

こんにちは、霧です。

今週からいよいよクラシックのトライアルがスタート。
二歳女王トールポピーが始動するチューリップ賞をはじめ、見逃せないレースが連続します。特に今年のクラシック路線は牡牝共に抜けた存在の居ない超難解世代。
本番できっちりと当てるためにもしっかり各馬の力を見極めたいものです。

中山では先週の阪急杯に続いて高松宮記念のステップレース、オーシャンSが行われます。こちらも本番の重要な鍵を握るサンアディユの始動戦だけに要チェック。今週は土曜日から気合を入れないといけませんね。

ではでは、まずは中山のオーシャンSから。
本命はサンアディユ。
当ブログでも既に何度も登場しているように、昨年秋からスズカフェニックスに並び立つスプリント路線の安定株として成長を続ける本馬。
影も踏ませなかったセントウルSは勿論のこと、牝馬としては酷量とも言える57kgを背負って完勝した前走京阪杯も強い内容。脚質や今の勢いを考えても、今回も引き続き好勝負出来ると見るべきだろう。
休み明けにはなるが、間隔が空いても全く苦にしないタイプ。開催二週目で比較的馬場もいい状態で、これまで同様スムーズに先行策が取れそうだ。
元より一番人気が圧倒的安定感を見せるこのレース。対戦メンバーも既に勝負付けが終わった馬が多く、人気でもここは外せない。

対抗はブラックバースピン。
スプリント路線にシフトした昨年は常に大崩れしない安定感を見せ、この距離に対する高い適正を垣間見せた本馬。前走では前述のサンアディユと0.1秒差の競馬をしており、展開次第では逆転も十分にありえる力関係にあると言える。
若干詰めが甘いのが弱点といえば弱点だが、多頭数の今回はそれが逆に心強い。展開や位置取り問わず最後は伸びてくる馬だけに、今回も地力の高さを見せてくれるだろう。

以下、同舞台で強い競馬を見せているドラゴンウェルズ。
前走の大敗が不可解も、立て直せば当然上位争いのアイルラヴァゲイン。
前走で復調アピールのナカヤマパラダイスも注意。
穴はコパノフウジン。
前走で突如復活の本馬。好調期に纏めて稼ぐ傾向があるだけに、今回は更に不気味。脚質転換が板に付いていれば今回も追い込んできそう。

【まとめ】
◎サンアディユ
○ブラックバースピン
▲ドラゴンウェルズ
△アイルラヴァゲイン、ナカヤマパラダイス
☆コパノフウジン

買い目は◎一着、○二着三着付けで▲以下への合計8点。


では続いて阪神・チューリップ賞。
本命はトールポピー。
昨年の阪神JFを制し、桜花賞馬最有力候補の一頭である本馬。
その阪神JFはハイペースを上手く味方に付けての快勝といった印象も強かったが、走破タイムは能力が無ければ出せない数字。ヤマニンキングリーやノットアローンなど牡馬路線で活躍する馬達とも互角の走りを見せており、少なくとも今回のメンバーでは力上位なのは間違いないだろう。
今回は休み明けとなるが調教は十分にこなせており、力は出せる状態。やや難しさのある血統だけに思わぬポカも考えられるが、それを乗り越えられれば自ずと桜の女王の座が見えてくる。
同僚ポルトフィーノは惜しくも敗れたが、本馬は果たしていいスタートを切れるだろうか。

対抗はオディール。
こちらは本命馬と対照的に、ハイペースが敵となって阪神JFでは敗れた。
とは言え上位があらかた追い込み勢で占められる中、早めの競馬で勝ちに行っての結果だけにそこまで悲観する必要はないだろう。
父クロフネはやや成長力に欠ける面があるが、母方の血は重厚で成長力溢れる血統。この三ヶ月で上手く成長を遂げていれば、前走以上のパフォーマンスを期待してもいいはずだ。
全体的スケールでは本命馬に劣るが、レースの上手さは圧倒的にこちらが上。自分の競馬でロス無く立ち回れれば、押し切っての勝利も十分に考えられる。

以下、善戦マンの血を確実に受け継ぐシックスセンス妹スペルバインド。
幼さを随所に見せながらデビュー勝ちしたメイショウジェイ。
ダート変更に泣いたエアパスカルも、芝に戻れば差は無いはず。
穴は二頭。
マルチメトリックはダートのデビュー戦を強い内容で快勝。
フジキセキ×オペラハウスと言う血統からも本領発揮は芝の可能性大。
ムードインディゴは前走は大敗したが、デビュー戦の内容が秀逸。
後半各200mずっと11秒台が続く流れを他馬より圧倒的に速い脚で差しきった。まともに走れれば今回も差は無いはずだ。

【まとめ】
◎トールポピー
○オディール
▲スペルバインド
△メイショウジェイ、エアパスカル
☆マルチメトリック、ムードインディゴ

買い目は◎○二頭軸三連単マルチで▲以下への30点。

先日急逝したアドマイヤキッス。
かつて彼女が制したこのレースから、同じように華々しい道を歩む馬が現れることを祈ります。
スポンサーサイト

<< なんとなく、ブルー。 | ホーム | 好きになるきっかけなんてそんなものだと誰かが言ったような言わないような。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。