書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/03/30 (Sun) 03:01
マーチS&高松宮記念

こんにちは、霧です。

今この記事を書き始めたのは、ドバイWCから10分後です。
結果だけ見れば、カーリン強すぎるとしか言いようがありません…。
ヴァーミリアンはどうやら最下位の模様。
走りっぷりがいつもと違ったのはやっぱり適正の違いなのでしょうか。少し下がり方が不自然だったので、故障でなければいいのですが…。
一方ドバイDFでは日本が誇る四歳二騎の内、ウオッカが見せ場たっぷりの四着に健闘しました。直線入り口での抜群の手応えを見たときは一瞬夢を見てしまいましたが…うーん、惜しかった!

さて、そのドバイにも負けない注目度を誇る日曜重賞。
まずは中山のマーチSから参りましょうか。

本命はフィフティーワナー。
ダート戦績(6.0.1.0)が示すように、未だ砂では全く底を見せない本馬。脚部不安さえ発症しなければ、今日ドバイの舞台にヴァーミリアンと共に立っていたかもしれないと思えるほどの素質馬だ。
復帰戦こそ芝コースで惨敗したが、叩き二戦目でダートに戻った前走仁川Sでは骨っぽいメンバー相手に余裕綽々の先行押し切り勝ち。休養による衰えなど全く感じさせない勝ち方だった。
故障の影響さえなければ後はもう自分との戦い。
トップハンデやテン乗りの鞍上など不安要素も確かに多いが、それ以上に期待のほうが大きい馬。ここはあくまで通過点とし、ヴァーミリアンの壁として立ちはだかる存在として台頭して欲しい。

対抗はマコトスパルビエロ。
昨年から順調な成長を見せ、近走は重賞の常連として確かな存在感を発揮している本馬。強い四歳ダート勢の中でもトップクラスの先行力の持ち主だ。
その安定した脚質から不利を受けることも少なく、常に100%の競馬が出来るのは心強い点。底知れない能力を感じる本命馬は別としても、その他のメンバーは近走と比較してがくっと落ちるだけに今回も好勝負を期待していいだろう。

以下、復調気配感じるボンネビルレコードが三番手。
本格化気配漂うアドマイヤスバルとブラックランナーも要注目。
ダートで底見せぬパレスショットガンも不気味な存在だ。
穴はイブロン。
確かな先行力を武器にオープンクラスで善戦する本馬。
ワイルドワンダー、ロングプライドらとも差の無い競馬をしており、今回の人気は少し低すぎるようにも感じる。狙い撃ちたい。

【まとめ】
◎フィフティーワナー
○マコトスパルビエロ
▲ボンネビルレコード
△アドマイヤスバル、ブラックランナー、パレスショットガン
☆イブロン

買い目は◎一着固定、○を二着三着固定で▲以下への10点。

そして次はいよいよG1・高松宮記念。
アストンマーチャン、サンアディユという快速二頭が居なくなったことで若干寂しくなってしまった今回。去年の覇者スズカフェニックスが意地を見せるのか、それとも新興勢力の台頭があるのか。最近入れ替わりの激しいスプリント路線なだけに、どんな結末になってもおかしくない。

本命はキンシャサノキセキ。
デビューから常に重賞戦線を盛り上げ、NHKマイルC三着など確かな実績を積み上げてきた本馬。それだけに未だに重賞に手が届いていないのはなんとも歯がゆさを感じる。
最大の原因はほぼ確実に掛かってしまうその気性。年明けからの二戦、京都金杯と阪急杯ではいずれも自滅と言ってよい形での敗戦だった。
戦績を見返してみると関西までの輸送がある時にその悪癖を出すことが多く、ホームである関東のレースでは未だに掲示板を外したことが無い。今回は関西ほど輸送時間の無い中京でのレースだけに未知数ではあるが、マイナスということは無さそう。
1200mはセントウルSで既に経験しており、その時はサンアディユには千切られたものの1分7秒台の時計で三着。間違いなく適正は秘めており、且つ弱点である気性を考えればもしかしたら今回の条件はかなりベストに近いのではないか。
有り余る力さえコントロール出来れば、G1ですらいつ獲ってもおかしくない力の持ち主。今回はその期待込めての本命視だ。

対抗はスズカフェニックス。
最早説明不要、前年のチャンピオンである本馬。
今年も非常に順調なステップを踏み、状態面に不安は無さそう。
しかし、末脚勝負の馬だけに今回の最内枠は不利を受ける危険性が高く、また乗り難しい馬なので乗り替わりも不安材料。加えて筆者と福永騎手の致命的な相性の悪さ。まともに走ればほぼ勝ち負けとは思うのだが、どうしてもこの三点が引っかかったため今回は二番手評価までとした。
堅実ではあるが断然の一強と言うほど抜けては居ない。惜敗の多い馬でもあり、前年の好走馬が総じて着順を落とす傾向にある昨今を考えれば、勝ち切るまではもしかしたら行かないのではないか。
その心配が不要なものに終わるか、それとも現実のものになるか、全てはフェニックス自身と鞍上次第。

以下、休み明けが不安も血統的に平坦短距離は向くスーパーホーネットが三番手。昨秋の勢いなら無視は出来ない。
異常なまでに粘り増したローレルゲレイロも父仔二代制覇のチャンス。例年と若干違う馬場を生かして逃げ切れるか。
マルカフェニックスの前走は不利が全て。
既に勝ち星も挙げている中京コースなら再度狙ってみて面白い。
穴はマイネルシーガル。
昨年の富士Sの覇者であり、マイルの印象が強い本馬。
実際スプリント戦は今回が初でありその対応力が注目されるが、一気に突き抜けた新馬戦や追い込み決着を0.3差に粘った阪神Cの結果を見ても、マイルよりは1400、また更に短い1200の方が競馬がしやすそう。
マイル以上の距離を使われての好走はこのレースのトレンド。
キングヘイローが、アドマイヤマックスが、そして去年のスズカフェニックスがそうであったように、今年はこの馬が驚きの好走を見せる番だ。

【まとめ】
◎キンシャサノキセキ
○スズカフェニックス
▲スーパーホーネット
△ローレルゲレイロ、マルカフェニックス
☆マイネルシーガル

買い目は◎一頭軸三連単マルチで○以下へ60点。
東で絞った分の点数をこちらに。
さぁ勝負だ福永祐一!!(そこかよ
スポンサーサイト

<< 鼻から洪水警報。 | ホーム | 3年半後の新事実。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。