書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/12 (Sat) 12:53
NZT&阪神牝馬S

こんにちは、霧です。

今日はNHKマイルCの前哨戦のニュージーランドT。
そして阪神ではヴィクトリアマイルの前哨戦、阪神牝馬Sが行われます。
明日に桜花賞を控えながらポルトフィーノがいきなり出走取消になるなど、どこか波乱の予感のする今週。今日の2メインもどんな決着でも驚けないメンバーが揃っているだけに、果たして…?
では早速ニュージーランドTの予想からいってみましょう。

本命はダノンゴーゴー。
前走鬼のような末脚でファルコンSを制した本馬。
それまでは人気で惜敗という歯痒い競馬が続いていたが、前走の走りを見る限りでは完全に一皮剥けた印象。
マイルはやや長くスプリント戦が合うと言う見方もあるが、これまでの戦績からすると脚の使いどころが難しい馬なのだろう。後方一気のスタイルが合っている。
今回はダンツキッスイ、ホッカイカンティ、メジロガストン、ロードバリオスらペースブレイカー達が何頭もおり、いかに自分の競馬が出来るかが勝負の分かれ目になってきそうだが、その点自分のスタイルを確立した本馬なら心配は少ないだろう。
鞍上も追い込み大好きな武豊騎手。
このメンバーならば思う存分溜めて弾けられるはずだ。

対抗はアサクサダンディ。
前走スプリングSでは後方から良く伸びたが四着。寸前のところで皐月賞の出走権を取りこぼしてしまった本馬。
とは言え上位馬が殆ど逃げ先行馬だったことを思えば負けて強しの内容。ショウナンアルバにクビ差ならば十分に胸を張れる結果と言える。
既に前走で重賞&中山で勝負になることを証明しており、今回も大崩れはしそうにない。ただ爆発力と言う面では本命馬に一歩譲る印象があるため今回は対抗に。

以下、休み明けも潜在スピードは随一のゴスホークケン。
アーリントンカップで距離を克服してきたエーシンフォワード。
一叩きされて変わってきそうなアロマキャンドル。
リーサムクラウンとサトノプログレスの安定感も今回は怖い。
穴はレオマイスター。
同舞台のひいらぎ賞を制している本馬。
休み明けの共同通信杯は見せ場が無かったが、一叩きされた今回は本来の力を発揮できるはず。道中死んだふりで突っ込んできても驚けない。

【まとめ】
◎ダノンゴーゴー
○アサクサダンディ
▲ゴスホークケン
△エーシンフォワード、アロマキャンドル
リーサムクラウン、サトノプログレス
☆レオマイスター

買い目は◎○をそれぞれ一着二着、一着三着に据えた三連単流し。
○◎を一着二着、一着三着に据えた逆目も抑えておく。


続いて阪神牝馬S。
本命はローブデコルテ(福永)







…あれ、夢か。
本命はパーフェクトジョイ。
確かな末脚を武器に昨年から着実に成長を続ける本馬。
京都牝馬Sでは九着に破れ、実績上では今回のメンバーと差があるのは否めない。が、今回は本馬が異様なまでに得意とする阪神でのレース。
実に(3.1.2.1)というコース実績は中身も濃く、マヤノライジンやオースミグラスワンら牡馬のオープン常連に迫ったり、重賞でも人気になるニルヴァーナあたりには先着すらしている。
確かにメンバーは牝馬の中では強力と言えるが、これだけの得意コースならば人気ほどの差は絶対に無い。急坂で一気に詰めてくる絵を期待してもいいはずだ。

対抗はブルーメンブラット。
一番人気に推された前走京都牝馬Sではまたしても重賞の壁に跳ね返される形の四着。最後の伸びが物足りなかったところを見ると、やはりベストは今回の1400mか。
こちらも本命馬同様阪神では強力牡馬と対等に渡り合ってきており、前走よりパフォーマンスを上げて来ることはほぼ間違いないだろう。待望の重賞をここで獲ることが出来るか注目の存在。

以下、衰え知らずのベテラン牝馬ジョリーダンスが逆転候補筆頭。
キストゥヘヴンとローブデコルテ、G1馬二頭も勿論侮れない。
新興勢力からはエイジアンウインズ。
クラスの壁を軽々と突破してきた走りは間違いなくオープンクラス。
初の重賞挑戦だが警戒すべき存在。
穴はタニノハイクレア。
三走前から覚醒したかのような走りで好勝負を繰り返している本馬。
良血馬がいよいよ本領発揮といった感じで、ここでも波乱の主役となるか。

【まとめ】
◎パーフェクトジョイ
○ブルーメンブラット
▲ジョリーダンス
△キストゥヘヴン、ローブデコルテ、エイジアンウインズ
☆タニノハイクレア

買い目は◎○二頭軸マルチで▲以下への30点。
◎が既に穴馬なだけに、嵌ればデカい!
スポンサーサイト

<< 体の調子がいまひとつ。 | ホーム | この船はどこへ行く。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。