書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/12 (Sat) 20:32
桜花賞

こんにちは、霧です。

土曜は久しぶりの管理人ズ同時的中と相成りました。
相方は中山、筆者は阪神でそれぞれ高配当をゲット。
久々の500倍越えの結果だっただけに、明日もまた勢いを持続させたいものです。
奇しくも阪神牝馬Sの勝ち馬は"サクラサク"を母に持つエイジアンウインズ。一気に重賞を制した彼女に続いて、桜の女王の座に付くのは果たして誰か。
ではでは早速桜花賞の予想、参りましょう。

本命はリトルアマポーラ。
世代で唯一新馬戦の内容だけでいつか重賞を勝つ、と筆者に思わせた本馬。その期待通りに前走クイーンCを制し、万全の状態で本番に駒を進めてきた。
前走時はだいぶ身体が減り、ギリギリの体型に映ったが、今回はレース間隔を空けた上に輸送も無いホームでの競馬。ベストの作りに戻ってくるはずだ。
マイルでは未だ無敗であり、牝馬にはまだ誰にも先着を許したことは無い。牡馬クラシックの主役であるマイネルチャールズとも0.2秒差の競馬が出来る能力は今回のメンバーの中では間違いなく抜けている。
破壊力のある末脚と抜群の勝負根性の持ち主で、阪神の長い直線と急坂は最も本馬の強さを発揮できる舞台。"混戦"という戦前の評価を"一強"へと塗り替えるべく、小さなヒナゲシが今大きく花開く。

対抗はブラックエンブレム。
マイネルチャールズを物差しにするならばこの馬も負けてはいない。葉牡丹賞で彼にクビ差まで迫った力は本命馬に勝るとも劣らないものだ。
休養後一気の二連勝できんせんか賞、フラワーCを制したが、いずれも先行勢には厳しい展開の中一人踏ん張り切る着差以上に強い内容。
フラワーCはスタートが良過ぎたため逃げる形となったが、本来は中団あたりからの末脚を武器とする馬。今回はデヴェロッペやエアパスカルといった先に行く馬がいる分、前走よりも受けるマークはかるくなりそう。
直前の調教がキャンターのみという前代未聞の"無追い切りスタイル"が物議を醸しているが、これは状態が悪いからという理由ではなく、陣営の確固たる信念に基づいた判断によるもの。
我々ファンなどよりも遥かに本馬のことを知っている陣営の決断だけに、筆者は本馬の評価を落とさない。むしろ人気が落ちて有り難いと考えたい。

以下、芝に転向して無敗の関東馬ソーマジック。
成長力豊富なシンボリクリスエス産駒だけに、更に上昇するなら金星あっても驚けない。
安定感は随一の二歳女王トールポピーも勿論有力候補。
前走で新境地を見せたオディールも叩かれて状態アップ。
エイムアットビップも叩き二戦目で本領発揮の可能性。
穴はエーソングフォー。
フィリーズレビューでは不可解な惨敗を喫したが、これまでの実績から状態ひと息だったのは間違いない。ハイペース追走でも押し切る粘り強さは本物で、少し人気落ちすぎな今回は逆に狙ってみたい存在だ。

【まとめ】
◎リトルアマポーラ
○ブラックエンブレム
▲ソーマジック
△トールポピー、オディール、エイムアットビップ
☆エーソングフォー

買い目は◎一着固定、○を二着三着固定で▲以下への10点勝負。

いわゆる王道を突き進んできたトールポピー、オディールらよりも、裏街道を進んできたリトルアマポーラとブラックエンブレムの方がスケールの面で勝っているように筆者は思う。今回はちょっと自信あり、だ!
スポンサーサイト

<< 「歌はいいね。歌は人の心を潤してくれる。リリンが生み出したフタエノキワミ、アーッ!!」「カヲル君!!裏切ったな!」 | ホーム | 体の調子がいまひとつ。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。