書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/30 (Sun) 19:28
今週の回顧

こんにちは、霧です。

よおっしゃぁ!
戯れ馬初のダブル的中&万馬券ゲット(159倍)であります。
G1シリーズ開幕戦でこの好スタート。実に幸先良し!
来週も強気に攻めて行きますよー。
ではでは、今週の回顧行ってみましょう。

【札幌2歳S】
1着:オリエンタルロック(無印)
2着:サブジェクト(▲)
3着:ホウザン(無印)

豪脚一閃!
道中離れた最後方を進んでいたオリエンタルロックが、直線だけで全馬をぶっこ抜き。来春のクラシックへと名乗りをあげた。
戦前のキャリアだけ見ればやや詰めの甘いタイプに思えたが、これほどの脚を使えるとは正直驚き。本当の評価を下すのはまだ尚早だが、まだこれと言って目立つ馬の居ない2歳路線では、これまでで最もインパクトのある勝ち方だったと言えるだろう。
血統的には成長力のある父系と早熟性のある母系の持ち主。どっちに転ぶかはまだ分からないが、まだ2歳なだけにこれからの成長も見込めるはず。

2着には1番人気サブジェクトが入った。
直線ではやや伸びを欠くかと思われたが、勝ち馬に馬体を併せられると再び加速。デビュー戦で見せた切れ味に加え、非凡な根性も見せた。
こちらもまだまだ荒削りの印象が強く、もう数戦様子を見ないと評価は下せない。能力そのものはトップに近い位置にありそうな印象を受けたが。
この時期の2歳を見抜くというのは難しいなぁ。

【シリウスS】
1着:ドラゴンファイアー(◎)
2着:ラッキーブレイク(☆)
3着:ワンダースピード(△)

強い3歳の一頭、ドラゴンファイアーが衝撃の勝負強さを見せ快勝。
JCDに向けて新星が誕生することとなった。
道中は中団やや後方から。直線に入ってもなかなかエンジンはかからず、先に後方から抜け出したラッキーブレイクの楽勝かと思われたが…。
馬群の中でエンジンがかかり、残り1ハロンからの物凄い加速で、一瞬で1馬身の差をつけて差しきった。まさに馬名の如く竜の吐く炎のような脚。
勝負どころでもたついたり、まだまだ若い面を覗かせるものの、この上昇度はさすがブライアンズタイム産駒と言えるもの。
距離が更に伸びるJCDは更に向きそうで、非常に楽しみだ。

注目したいのは4着アロンダイト。
久々でトップハンデという苦しい条件だったが、手応えはさほど悪くなかった。
流石に直線では少し伸びを欠いたが、次走は間違いなく変わってくる。
勝ち馬との差は約2馬身。斤量差が6kgあってのものだけに、やはり力はある。
次走は未定だが、このまま行けば叩き3戦目くらいがJCDになるのではないか。
連覇の可能性も十分にあると思わせる内容だったと思う。

【スプリンターズS】
1着:アストンマーチャン(▲)
2着:サンアディユ(◎)
3着:アイルラヴァゲイン(○)

今年の3歳牝馬の強さは異常。
短距離路線へとシフトしたアストンマーチャンが軽快な逃げ切り勝ち。
ウオッカと同等の力を秘める快速馬が意地の復活劇を見せた。
スタート直後から物凄いテンの速さで先頭へ。
その加速の速さに、競り合ってくる馬は一頭も居ない。
不良馬場で後ろの脚が逆に鈍る中、マイペースを守って直線へ向かう。
そこからも独特のピッチ走法は全くブレず、サンアディユ、アイルラヴァゲイン、キングストレイルらの猛追を抑えきった。
去年から高いスプリント資質を見せていたが、この路線変更は大正解。
ちょっと変わった馬名に、独特の走法。その走りは見ているだけでも楽しく、スプリント路線にようやく華のある馬が現れたなぁと実感する。
この後は香港にでも行くのかな?直線競馬も合っていそうなので、もし挑戦するようなら応援したい。

2着はサンアディユ。
このメンバー、この条件でこの結果。
最早疑う余地も無く現役最高クラスのスプリンターであることを証明。
今後の展望も大きく広がった。
馬場が悪かったせいか前走ほどの脚は使えなかったものの、しっかり伸びて2着確保したのは立派。
アイビスサマーD、そして今回と、荒れ馬場が上手い印象を持たれそうだが、この馬の本領発揮はパンパンの良馬場であるのではないかと個人的には思う。
この後は距離を伸ばすのか、香港か、その路線に注目したい。


いやー、当てるってのは気分がいいものですなぁ。
筆者も王子も、これで更にエンジンが掛かってくるでしょう。
来週から舞台は東京と京都へ移り、更なる激戦が待っています。
馬達の熱い走りに負けぬよう、戯れ馬も熱く突っ走りますよ。
スポンサーサイト

<< はじめの一歩。 | ホーム | 王子の歌唱予想。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。