書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/22 (Tue) 22:32
きっと帰ってくる、だからキャプテンなのだ。

昨日ダイワスカーレット春全休のニュースに驚いた方も多いと思います。かく言う僕、競歩王子もその口で競馬の楽しみが一つ減ったことを残念に思っていた矢先、更に信じられないニュースが。
「キャプテントゥーレ、骨折により年内絶望」
あの栄光の逃走劇からわずか2日でのあまりにも皮肉すぎる代償につくづく競馬の持つ華やかさの裏にある、こうした怪我やアクシデントのつらさや悲しみもあるのだということを思い知らされました。
個人的にあのデイリー杯以降、目立つ葦毛の馬体も手伝って気になる存在として出たレースでは本命にこそしなくとも常に予想には組み込んで応援していました。ヤネが若き職人川田というのも僕の心をくすぐりダービーでも頑張って欲しかったのですが・・・。
ただまだ競走馬生活が完全に終わったわけではないのなら、来年でも復活を待ちたいところ。皐月賞馬が低迷、怪我から復活したといえば最近ではダイワメジャーの例もありますし。
名前のとおり世代のキャプテンに君臨した男。
その勇姿をもう一度僕らの前に見せてくれ!

さて、その皐月賞に関してはまだまだ言い足りないことが。ウインズで周りの人が吸うタバコの煙と共に消えたかった今週の回顧です。
中山GJは買って初めてトリガミがあることに気がつきレース前から撃沈。やっぱ人気が集中しすぎてたか・・・。そのはずなのにふたを開けてみれば1強。マルカラスカルのあまりの強さに呆然。逃げたのはフォレストダンスでしたがスタートの時点でスピードの違いは歴然としており、中盤動き出した時にはもう勝ちが揺るがないものになっていました。中山初体験のエイシンニーザンやアラームコールがもがくのを尻目にすいすいと自分の庭を駆け抜けたその強さ。やはり只者ではなかった。
そう考えると中山初体験ながら3着に滑り込んだテイエムエースは今後侮れないかも。テイエムは地味にいい障害馬をちょいちょい送り込んでくるなぁ。ドラゴンとかマッチョとか。
返す刀でぶった切られたのがマイラーズ。ドリームジャーニーの出遅れでもはや戯れ馬には豊不信が起き始めてます。ジャーニーのあの頃の強さはいつ帰ってくるのか・・・トホホ。
予想する馬自体は間違ってなかったのですが、それにしてもカンパニーはこの時期走る。冬場から春にかけて毎年活躍しているような。この勢いがあれば安田記念で有力なのは間違いない。大崩の少ない馬だけに信頼が置けそう。

皐月賞。直線残り200メートルまで夢を見ました(笑)
明らかに前が残りそうな状態でトゥーレはもちろんですがその後ろにいるのは紛れもなく16番の馬!幸ー!!
単勝15番人気の馬が来るかもしれないこの胸の高揚感、言葉では表しがたいほどでした。結局5着となるのですがやはり距離が若干長かったのかなと。それでもこういった展開に強いことがわかっただけに今後もちょっと見逃せない存在ですレッツゴーキリシマ。
タケミカヅチはよくよく考えればこちらも高い安定感を世代の中で誇っている馬なんだと改めて痛感。レジネッタ然り、一見地味だけど実力のある人気薄をいかに見抜けるかが今後の課題。にしても今年の社台は調子良すぎ・・・会員になりたい。

また話は変わるのですが、今日はゲーセンに行き「ホースライダーズ」という巷で噂の競馬ゲームをやってまいりました!これは400種類もある実在の競走馬のカードを使い、自分がジョッキーになった視点でレースを勝ち抜いていくというゲーム。カードの種類が多く中々自分の大好きな馬にめぐり合うことはできませんが・・・それでもあの有名馬に乗ることができるのはやはり夢ですな。ファンの。
で、昨日同じゲーセンで1時間も待ったのに誰も変わってくれず(怒)今朝早くから台を陣取りゲーム開始。以後2時間ほど熱中。あ、ちゃんと誰も待ってないことを確認してですよ?
で、結果は30レースぐらいやってようやく3つ勝ち。初めて勝った時は思わずガッツポーズ!それがまた武蔵野Sで条件合う馬がいないためにコンピューターからもらったビッグドンなのが渋い(笑)
あとはプレー中に手に入れたカードのソングオブウインドとアドマイヤムーン。さすがムーンはランクがS級なのですよ。S~Dまである中の最上位はすぐには出せないもののやはり能力は段違い。
レースは位置取りや仕掛けの駆け引きを自分で動かすことができこの動作一つで結果が大きく変わるだけに気の抜けないところ。個人的には内外の動きがもうちょっと滑らかにいって欲しいんだけど。
慣れるまでちょっと難しいですが、面白いゲームですので皆様も試しにゲームセンターまで足を運んでみてはいかがでしょうか?もし僕とあたった時はお手柔らかに。
スポンサーサイト

<< 白色の希望 | ホーム | 灰色の座礁 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。