書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/27 (Sun) 12:45
こうも真逆だと面白い。そんな戯れ馬です。

こんにちわ、競歩王子です。
土曜メイン・福島牝馬Sでは、実際の馬券でブログの買い目と違うハロースピードを加えた三連複を購入した結果、写真判定に救われた、競歩王子です(笑)
・・・と、またも前日の相方の内容に乗っかりました。相方はブログで当てリアルで外し、僕はブログで外しリアルで当てるというなんとも微妙すぎる結果になってしまいました。
果たして、より悲しいのはどちらでしょう。
このブログ的にはザレマが勝ってくれれば良かったのですが・・・ああだめだ、本当に喜びのコメントなのか悲しみのコメントなのかどっちにしたらいいんだ今回。

さあ、今日も2つまいります。いよいよ2ヶ月ぶりに帰ってきました我がホーム(自称)京都!得意コースに帰ってきたことで俄然やる気を出して行きたい今日。注目の白毛馬ユキチャンの走るフローラステークスも、あの昨年ベッラレイアで感じた熱狂をもう一度!
まずはフローラ。
◎シングライクバード(牝馬同士なら大崩はないと思われる。近年後方から突っ込んでくる馬が有利なレースであるだけに前走直線短い中山を14番手から3着まで迫って来たその脚に注目。血統的にもスタミナがありそうなだけに、初の2000も大丈夫だと思う。ズブい馬を追わせるのに定評のある川田の勢いに乗ってみる)
○レッドアゲート(前述の◎にフラワーカップで先着したのがこの馬。実績のわりにこれまであまり人気を背負うことがなかったのは何故なのかわからないが、走りを見る限り末脚が強烈そうなだけに長い直線の東京は合うのは2走前にこの時期の牝馬としては異例の2400でも4着できているのが証明している)
▲キュートエンブレム(まだいたのかウォーエンブレムの活躍馬!少ない子供たちの中からよくぞここまで・・・というこの馬は中京2000での勝利に加えライムキャンディと接線を演じるなど牝馬重賞クラスなら未勝利上がりのこの馬でも通用するはず)
△アグネスミヌエット(父も母も名前はアグネス。こういうオーナーの愛情にあふれる馬が好きです。まだマイル戦でしか使われていないが、遅い流れの中後方からで勝ち残っているだけに今回直線での競馬になれば好機あり)
△アポロクイック(デビュー戦が道中後方ながら一気に捲り上げての2着。その次で先行に開花したのか1着。中山2000なのでこちらでその先行策が通用するかは正直微妙だがはたして)
△ユキチャン(ここにいるだけでも一つの奇跡と言っても過言ではない白毛ホース。生まれもっての注目を集めていたこの馬を飛躍させたミモザ賞は最もこのレースへの相性がいいステップ。まだ何が彼女の適正なのかは見極めがついていないが、上位争いにいることは間違いない。吉田隼という王子様を乗せ伝説を作れるか?)
△カイゼリン(左回り中京2000を2連勝をいうだけでもかなりの魅力。牡馬相手に先行抜け出しの正攻法で勝ちきっている能力は高いのではないか)
◎、○からの三連単マルチを。堅いのでは?

続いてアンタレス。
◎フィフティーワナー(アンタレスはさそり座の赤き1等星。赤い枠から強烈な輝きを放つ馬がおりました。長き休養を経て帰ってきたダート戦線で圧勝。前走こそ厳しい流れの中で強襲に屈したものの、十分今回は見直せる。もともと千八は負けなしの得意距離。2年ぶりの制覇は堅い)
○メイショウトウコン(去年ブログは始めたときから何度も会っていますが堅実に連に絡んでくれる強い馬。一時期は乗ってるだけで負けないのではと思ったほど。ヴァーミリアンのいないところであれば斤量は重くとも得意の京都でなら大きく崩れる真似はしないでしょう)
▲ロングプライド(最近は堅実なダート馬が多く、例に漏れず去年のこの馬はあと一歩が足りないものの掲示板の番人としてがんばっていました。復帰戦ですが騎手をレースにも好相性の武豊に戻し、必勝体制。ただ後方からの展開になるだけに溜め殺しにならなければいいのですが・・・)
△ナナヨーヒマワリ(先月の激走にはビックリしましたが勢いを考えれば予想外ではなかったのかも。当然今回もヒマワリを知り尽くした男小原とのコンビ。意外にもと言っては失礼だが京都で3着以内に入る確率は66パーセント!これはひょっとするかもしれない?)
△マルブツリード(長期の休養明けから徐々に調子を取り戻してきた馬。特に前走は先行しながら35秒台で最後を閉めているだけに流れによっては止まらない可能性あり)
△ワンダースピード(ここ最近とっても好調の小牧と特に相性がいいらしいのですよ。昨年のアルデバランSは同条件で圧勝しているだけに怖い存在。面白いのは千八が8戦して4勝してるのにあと全部着外。極端な結果が本当に謎だ)
△ゲイルバニヤン(デムーロ、ルメール、ペリエと外人男を渡り歩き藤岡に落ち着いた馬。ここ最近のダート変更してからの成績がよく昇給初戦となるここが試金石となる。大外からどういった競馬を見せてくれるのか注目)
こちらも◎、○からの三連単マルチ。ここ最近はハンデ戦のわりに平穏な決着となっているだけに上位が揺るがないということで。
スポンサーサイト

<< 今週の回顧 | ホーム | フローラS&アンタレスS >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。