書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/05/21 (Wed) 22:21
重賞レース回顧

こんにちは、霧です。

先週末から今週初めにかけての、短くも濃い二泊三日の東京遠征。
帰ってきてからすぐに仕事モードになったため、なんだか最近ぐったりです。
そんなわけで回顧が遅れてしまったのですが、ようやく頭も執筆できるような状態になって参りましたので、ここらでじっくり先週の激闘を振り返りたいと思います。

【京王杯SC】
1着:スーパーホーネット(○)
2着:キストゥヘヴン(△)
3着:スズカフェニックス(◎)

蜂の一刺しは更に鋭く!
スーパーホーネットが寒気すら覚えるほどの切れ味を見せつけ圧勝。いよいよ次走、安田記念でのG1制覇に王手をかけた。
道中は中団後方からというレースはいつも通り。元々叩き二戦目は成績のいい馬で、距離が伸びた事もあってか追走は前走に比べて遥かにスムーズだった。直線もその勢いそのままに伸びに伸び、正に圧勝と呼ぶにふさわしい内容であったと思う。
以前は重賞レースで脆さを見せていた馬だが、最早その面影は微塵も無い。鞍上の藤岡騎手も自信を持って乗っているのが良く分かるし、間違いなく安田記念の最有力候補と言えるだろう。

2着にはこちらも末脚に賭けたキストゥヘヴン。
これまでの戦績が示すように、関東では大崩れのない本馬。今回この相手に混じっての好走は少し驚きだが、それだけ具合が良いのだろう。今期は本当に充実している。それだけにこの翌日のヴィクトリアマイル除外が余計に悔やまれる。秋までに勝ち星や賞金を積み重ね、再び一線で活躍して欲しい馬だ。

3着には末脚届かずのスズカフェニックス。
いつものように爆発的な切れを見せてはいるのだが、前走同様やや不完全燃焼のレースになってしまった。昨年に比べて少しズブくなっているようにも見えるので、今ならば中距離を再び走らせても面白いのでは。安田記念もベストの条件とは言えず、人気でまた届かず…も十分にありそう。間違いなく好走はするだろうが、突き抜けられるかどうかは鞍上の工夫と展開の助けが必要になりそうだ。

【京都JS】
1着:テイエムトッパズレ(△)
2着:ナイトフライヤー(無印)
3着:エイシンペキン(◎)

テイエムオペラオーに、母父ステートリードン。
まさにスタミナで塗り固められたような血を持つテイエムトッパズレが、その血の特性をフルに生かしての逃げ切り勝ち。鞍上佐久間騎手と共に嬉しい重賞初勝利となった。
2、3着含めレース中盤から順位が全く入れ替わらなかったのを見ると、やや相手に恵まれたような印象を受けるものの、自分でレースを作って勝ったのだからそこは評価できる。常に好走するというタイプではないが、大敗からも平気で巻き返してくるタイプでもありそうなので、今後も気楽な立場で望めるようならば不気味な存在。

ナイトフライヤーとエイシンペキンの実績上位2頭が続き、全体的に見ればほぼ順当と言える結果。少しメンバーが小粒な感が否めないが、今後の成長に期待といったところか。

【ヴィクトリアマイル】
1着:エイジアンウインズ
2着:ウオッカ
3着:ブルーメンブラット

女王という頂まで、風は一気に駆け抜けた。
阪神牝馬Sで重賞初制覇を果たしたばかりのエイジアンウインズが、勢いそのままにG1までも手中に収め、三連勝。ダービー馬ウオッカさえも抑え切る非常に強い競馬で、群雄割拠の牝馬路線に、また一頭巨星が誕生した。
芝を使い始めてからの安定感、そして全く壁を感じない出世速度は母父デインヒルの特性そのもの。体質強化で全能力が発揮できるようになったのも勿論大きいのだろうが、こうなれば暫くは勢いが持続しそうだ。今回のレースを見る限りでは中距離までは余裕で対応できそう。大一番でこれだけの切れ味を見せる辺り、まだまだ底は見せていない。どこまで上り詰めるのか楽しみな存在だ。

対照的に負けられないレースを落としてしまったウオッカ。
遠征帰りで身体もだいぶ減っており、細く映った分最後の最後詰められなかった感じだが、この出来であれだけの脚を使ったのはむしろ評価出来る。完調ならば差し切っていただろう。
思えばダービー以降本当に完璧な状態で出ることの出来たレースが無いだけに、まだまだ評価は落とせない。建て直してくれば再び勢力図の頂点に立てるだけの力は間違いなくある。

三着ブルーメンブラットは距離ギリギリながらインを付いての猛襲。
後藤騎手が上手く乗った結果と言えるが、やはりベストは短距離か。1400での実績が目立つが、スプリント路線に転向すれば面白い存在になりそうな気がするのだが。

期待したベッラレイアは伸びず8着。
7ヶ月ぶりのレースがG1、しかもマイナス体重での出走と、決して万全とは言えない中の出走だっただけに、この結果も仕方の無いところか。外枠で壁を作れず掛かってしまったのも多分に影響していそうで、色々な課題が見えたレースだったように思う。次はマーメイドSかクイーンSか、いずれにせよ牝馬限定戦となるようだが、あの豪脚が戻ってくることを期待せずにはいられない。








もうね。
相方の前では冷静を装ったのですが…。
本当に悔しかったのですよ。
今まで"伸びる"姿しか見せてこなかったレイアの失速。
前述の通り厳しい条件が重なっていただけに覚悟はしていましたが、やっぱりこうした形で現実になってしまうと、やり切れない思いはあります。
それでも、無事にG1の舞台に帰ってきてくれたことは何よりも嬉しく。
あの低い個性的なフォームも健在でしたし、まだまだこれからと信じたい!
父同様、決して完璧じゃなくても長く我々を楽しませてくれるような、そんな馬になってほしいのです。
頑張れレイア!まだまだ追っかけさせてもらいます!
スポンサーサイト

<< 東海S&オークス | ホーム | 占いの館「アタール」って・・・。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。