書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/06/29 (Sun) 17:03
今週の回顧

こんにちは、霧です。

【宝塚記念】
1着:エイシンデピュティ(○)
2着:メイショウサムソン(▲)
3着:インティライミ(無印)

猛威を振るう父の血と、鞍上の気迫で戴冠!
エイシンデピュティが来るなら来いと言わんばかりの逃げで並居る強豪を完全に封殺。嬉しいG1初制覇を成し遂げると共に、混戦の古馬路線に大きな存在感を以って立つこととなった。
スタート直後からハナを主張するのはこの馬のスタイル。重馬場巧者らしく、大きなストライドながらも全くノメることなく淡々としたラップを刻んでいく。
直線に入っても目立つ手応えという訳ではなかったが、そこからの粘りが本馬の真骨頂。"何故か抜けない"と表現するのがぴったりな魔法掛かったような脅威の粘りでメイショウサムソン以下を抑え込んだ。

昨年からの充実度は目を引いていたが、なかなかブレイクとまではいかなかった本馬。流石に今回の勝利で今後は人気を背負う存在となってくるだろう。自分でレースを作れるタイプは波に乗ると強く、秋のG1戦線でも目の離せない存在。ただ関東圏のレースではイマイチな成績が目立つので、環境の変化に対応できる精神的成長が待たれるところだ。

2着メイショウサムソンも自分の力は出し切った。
位置取りこそいつもよりやや後ろだったが、直線の伸びは確かなもの。世代交代を狙った4歳勢が全く歯が立たなかった辺り、やはりまだ現役最強の座に居るのはこの馬だろう。今回は展開のアヤ。G1・5勝目を得るのもそう遠く無さそうである。
後は課題とされる寒い時期への対応。毎年年末に近づくにつれ成績が先細りになるが、今年はそれを克服できるだろうか。

3着インティライミは内枠を利して非常にロスの無い競馬。
唯でさえかなり力の要る馬場で僅かなロスが勝負に大きな影響を与えたであろう今回、消耗を最大限まで抑えた鞍上の騎乗は見事。ムラな面こそあれど、本馬もまだG1を狙える可能性はありそうだ。

人気に推された4歳牡馬4強は揃って撃沈。
レース中に故障していたロックドゥカンブは除くとしても、アサクサキングス、アルナスライン、アドマイヤオーラ…いずれも古馬達の経験に負けた格好。ひと夏越してどれだけ成長してくるかが焦点になりそうだが、揃って重馬場が苦手そうなのも事実。今回は馬場状態も厳しい方向に働いたか。









【宝塚記念】
1着:エイシンデピュティ(○)
2着:メイショウサムソン(▲)
3着:インティライミ(無印)
4着:サクラメガワンダー(◎)

福www永wwwwさんwwwww
直線馬場の良い大外に出して猛然と伸び出したときは本気で夢を見ました。残高の関係で◎○二頭軸の三連単しか持っていなかったもので。
4コーナーで少し苦しくなったあのロスさえなければ複勝圏内もあったかもしれない…メガワンダーの底力を見たと同時に、やはりの存在であった福永さんに涙しました。

こんな、ある意味戯れ馬らしすぎる結末で幕を閉じた上半期シーズン。
きっとこれはこのブログが秘める負の象徴。
半年間溜まりに溜まった負は、下半期に真逆の姿となって帰結するはず。
来週からの我々の大爆発をとくと見よ!

というか、神様、爆発させてください!(死
スポンサーサイト

<< メイクデビュー・スコープ | ホーム | 週末はいつも雨。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。