書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/07/06 (Sun) 15:07
はるばる函館まで来ちゃったのはいいけれどどうしても洞爺湖特別が時期的に気になる。

と言いつつ自宅からお送りします競歩王子です。タイトルは思いつくままにやっていたら自重できなくなりました(おい)今日の12レースは洞爺湖特別。まるで準備されていたかのごとくサミットに合わせた開催に何かサインはないものかと考えております。白毛馬ホワイトベッセルも出てくるのでメインの後も注目ですね!
7月に入りすっかり外は暑いですね~30度も軽く超えて猛暑日はもうすぐそこまで来ています。こういう時中々日焼けしない自分の体が恨めしい!赤くなりやすい体質なので土壌となる焼けを作るために日サロでも行ってやろうかなと。え?そんなのいらない?
さてさて、日曜日は重賞予想。いつのまにやらハンデ戦のラジオNIKKEI賞と夏の電撃決戦第1弾函館スプリント。どれもこれもいい具合に悩ましいです。そんな中からご推奨したい馬たちを頑張って探してみたいと思います。
まずは函館スプリントSから。
◎キンシャサノキセキ(休み明けなるも実績、適性からいって不動の軸。高松宮の時くらい前でケイバできれば今回は格が一枚上手のはず)
○ウエスタンビーナス(ここ5年何故かすべて牝馬が制しているだけに気になる存在。ここにきての才能開花は際立っておりCBC賞でも激しく逃げながら最後は僅差の4着まで粘りこんでいるだけに、前残りが有利と見える今回、内枠を生かしてそのまま逃げ切りを期待)
▲プレミアムボックス(純粋に1200メートルというカテゴリーだけで見ると実に11戦して4着以下はたったの3度。スタート失敗した前走ですら勝ち馬とはわずか0秒6差で上がりは33秒3を繰り出している。さらに若干外よりの枠に入った方が好成績を残しておりオーシャンステークスに続く重賞制覇もありうる)
△スピニングノアール(ファイングレインという短距離スターを抱える長浜厩舎ですがこちらも調子は良さそう。7歳ベテランの末脚が届くかどうかにかかっている)
△シンボリグラン(谷川岳Sでは復活の兆しを見せる4着。背中は他よりちょっと重いが得意の距離で巻き返しを期待)
△タイセイアトム(前残りが利くならこちらもその資格はありそうな気がする。最大の問題は今芝走ってどうかに尽きるが血統的には問題なさそうだし2勝したこともあるので下手ではないと思う。逃げ馬なのに大外からのほうが成績がいいのも面白い)
△キングストレイル(当たってきたメンバーがメンバーなだけに連続5着もそう悲観するものではない気がする。たった1度の1200はアストンマーチャンの4着で差もほとんどない。しかも大外を回らされて伸びてきただけに内容も悪くない。来日したダグラスの腕を見せ付けるか)
◎から3連複流しで。

つづいてラジオNIKKEI賞。
◎タケショウオージ(後ろから前からの自在性を見せての2連勝に価値あり。東京2勝だけでなく中山でも好走歴があるだけに福島の小回りも問題はないのではないか。苦手だったマイルを克服した今、得意の千八で初重賞制覇を狙う。・・・とはいえ、ここ2年56キロ以上のハンデを背負わされた馬が苦戦しているだけにそこだけ何とか克服してくれれば)
○ルールプロスパー(2度の凡走は前にいけなかったことが全て。それ故展開にかなり左右されることは否めないが逃げが決まった時は確実にはまることの裏返しと言ってもいいと思う。手が合っている和田騎手に乗り代わることも大きくプラス。積極果敢に攻めてほしい)
▲キングオブカルト(この血統、この成績。そして福島キング中舘。この条件で何故印が薄い!それは多分距離がここでもまだ短いからなのか。楽しみは秋まで待てと言うのか。それでも相手なりの安定した成績を各距離でマークしているだけに抑えたいところ)
△モンテクリスエス(G1大敗からここで入着した例もあるだけに改めて見直したい。小回り福島コースが不安視されている分割り引いたが実力は上位のはず)
△ダイバーシティ(お台場のことなのかダイビングスポットのことなのかやや微妙なネーミングはさておき、デビュー戦11番人気が嘘のような出世。いまだ底を見せていないだけに適性がつかめないのが難しい。今回は試金石と言うことで抑えに)
△スマートギア(勢いはあるのだが怖いのはイレ込みと輸送。これによる体力消耗とストレスに負けなければいいのだが・・・かつて福島好走歴もある兄貴の血が後押しするか)
△プロヴィナージュ(先日見に行った関東オークスでのレースは出遅れながら猛然と追い込む2着。その前も圧勝しているだけに実力は確実だと思う。ユキチャンと父は同じだけに芝でもやれないはずは無い。一波乱おこしてくれるか)
大混戦には3連複ボックス!
確実に当てて後半戦に勢いつけるぞ!
スポンサーサイト

<< 重賞レース回顧 | ホーム | ラジオNIKKEI賞&函館SS >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。