書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/07/21 (Mon) 12:16
重賞レース回顧

こんにちは、霧です。

久々の現地観戦となった昨日のアイビスSD。
日本に一つしかない条件の名物重賞な上、三連休の真ん中と言うこともあってか、新潟競馬場にしてはかなりたくさんのお客さんが来られていたように思います。その分最後の直線の歓声はいつもより賑やかで、これ以上無いライブ感を肌で感じることが出来ました。やっぱり生が良いね!
そんな戦いの結果は後ほど述べさせて頂くとして、まずは回顧参りましょう。

【アイビスSD】
1着:カノヤザクラ(○)
2着:シンボリグラン(無印)
3着:アポロドルチェ(△)

真夏の桜、狂い咲き!
常に重賞戦線で好勝負を繰り広げてきたカノヤザクラが待望の重賞初制覇。
スタートにやや難のある馬が今回は他馬と互角のスタートで無理なく中団追走。ここで脚を溜められたことが功を奏し、残り400mで自慢の末脚を爆発させると、あとは窮屈になっていた馬群も前を行く逃げ馬も蹴散らして力強くゴール板を駆け抜けた。
スタートが大きな勝因として挙げられているが、手前の変え方が不器用な馬でもあるためこの直線競馬は合っていたのだろう。その分コーナーのあるコースでは再び惜敗の危険性があるが、そこをどう克服するかは陣営の手腕に掛かっている。

2着には復活のシンボリグラン。
前走函館SSあたりからかつての行きっぷりが戻りつつあった本馬。
昨年も夏の新潟で重賞2着があり、そのコース相性等を考えればこの実績で10番人気というのはやや低評価過ぎたか。
元々はマイルあたりを主戦場にしていた馬だが、近走の走りを見るとスプリンターにシフトし始めているような印象を受ける。今後の進路がどうなるか注目だ。

3着には3歳馬アポロドルチェ。
こちらも勝ち馬同様道中はやや後ろから。
テンのスピードに付いていけなかったというのが真相らしいが、意外と末脚勝負な当レースではこれが逆に効を奏した形。ダート色が強い血統はこのレースに合っている上、再上昇し始めた近走からも納得のいく結果と言えるのではないだろうか。

対照的に同じ3歳馬マルブツイースターとエイムアットビップは見せ場無し。
どちらも最近、らしくない負け方が続いているだけに建て直し成るか心配。
どちらも早くから活躍していた馬でもあり、今年の夏の成長が今後の将来に大きく影響を及ぼしてきそうだ。






「なんだ、また外れじゃん」
という声が聞こえてきそうな今回。
で・す・が!

080720_1557~01
やっちまったZE。

ブログの記事は土曜昼に書いたものなのですが、実際の馬券は直前でそれまでの予想を一新。なんだか妙に良く見えたシンボリグランを加え、あまり感じるものの無かったクーヴェルチェールとアルーリングボイスを消し、今まで殆ど買った事の無い三連単ボックスで挑んだのです。
というのも、メインに至るまでの全てのレースを見事に外し続けていたため、いつもの二頭軸マルチにする自信が完全に消失していたんですね('A`;
しかも先月ボーナスが入ったお陰で気がデカくなったのか、200円ずつ買うと言う暴挙。結果としてこの選択に競馬の神様が微笑んでくれ、払戻が24万超に、ひゃっほー!
実際に取った過去最高配当を更新し、ホクホクのまま帰ってくる事が出来ました。

次回の遠征は8月の関屋記念。
ここも今回の様にスマッシュヒットをかましたいものです。
今度はブログ上でも、ね。
スポンサーサイト

<< メイクデビュー・スコープⅠ | ホーム | プリキュアも見ずに我は行く。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。