書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/08/11 (Mon) 11:42
回顧兼観戦記

こんにちは、霧です。

まずは、昨日の重賞予想が更新出来ず申し訳ございませんでした。
来週末はまた通常通りの更新が出来るかと思いますので、また足を運んでいただければ幸いです。

さて、その更新をサボって何をしていたかと言えば、何度か記事でも書かせて頂いた通り新潟競馬場に行っておりました。
職場の仲間、総勢6人。まさにクラブケイバ。
いつもの如く帰りに美味しい物を食べる事を目標とし、午前6時半に出発。

各々の家の位置もあるので、3台の車に分かれての道中。
その間筆者は昨日で参戦2回目の同僚に自らの予想法をレクチャー。お手軽な予算でそれなりに楽しめる"1頭軸流しの三連複"を提案しました。これなら相手が5頭でも10点、4頭なら6点とかなり気楽な金額。場合によっては高配当も期待出来ると言うことで、同僚は終日この買い方で挑むことを宣言。2回目にしては飲み込みも早く、競馬の先輩としては嬉しい限りでした。

そんなこんなであっという間に競馬場に到着し、合流。
上手くゴール近くの椅子も人数分キープ出来、万全の観戦体制。
が、暑い。
私達が取った席は、午前中猛烈な直射日光に晒される場所。ものの数秒で汗が滝の様に噴き出し、頭が朦朧としてきます。通りで誰も座っていなかった訳だ…。
流石にこんな所では予想する頭も働かない、と言うわけで予想は涼しい建物内、観戦時のみ外で、というスタイルを取る事に。

そして1レース、1人が複勝を当てたものの後は全員死亡。
いつもの事ではありますが嫌な予感が漂います。
2レース、3レース、ここも連続して死亡。
ですが続く4レース、前述の同僚がやってくれました。
伝授した1頭軸の三連複に人気薄を引っ掛け、見事116.6倍をゲット。彼にとっては人生初、しかも参戦2回目でのスピード快挙となりました。
嫌な流れが続いた後のスマッシュヒットでにわかに活気付く一行。「次は俺が」的な流れが生まれました。

が、8レースまで死亡(駄目

ちょこちょこと複勝などは当たっているようでしたが、胸のすくようなスマッシュヒットは生まれることなく徐々にメインレースが近づいてきます。
日が高くなり、午後には座っていた場所も日陰になったので体感温度はだいぶマシになりましたが、全員の気持ちも日陰模様。
そんな流れを断ち切ったのは生粋のスロースターター・霧。
9レースにて三連単332倍を仕留め、一気にムードを日向に持っていく事に成功。
続く10レースでも外れこそしたもののかなりアツいレースになり、メインを前にテンションが再び上昇。いい流れで関屋記念を迎えることになりました。

その関屋記念、何と全員が◎マルカシェンク。
複勝、単勝、枠連、馬連、ワイド、1頭軸三連複、1着付け三連単…と買い方こそ全員違えどマルカシェンクが飛べば全員死亡の危険な賭け。
筆者はと言えば、1着にマルカシェンク、2着と3着にタマモサポートを付けた軸2頭の三連単での勝負。人気の無かったタマモサポートですが、ここは絶好の狙い目と踏みました。

そしてレース。
逃げると思われたフサイチアウステルを抑えてタマモサポートが逃げる以外な展開。我々の夢を乗せたマルカシェンクは中団やや後方からの追走で、長い長い新潟の直線へ。
粘りに粘るタマモサポート。しかし外から2頭が連れ立って伸びている!
ピンクの帽子2頭だ!
もうテンションは最高潮。
全員がマルカシェンクを一丸になって応援します。
その声援に応えるかのように、最後ぐいっと伸びて堂々の完勝を収めたマルカシェンク。我々のみならずあちこちから歓喜の声が上がります。

しかし少し経って冷静になってみると、的中したのは6人中2人(えー
筆者はリザーブカードを直前で切るという暴挙が完全に裏目に。
久々に痛恨と言える外し方で、なんだかもう日光に溶けてしまいたかったです。
他はタマモサポートを買っていなかったというのが殆どで、見事なヒモ抜けな結果が多いという悲しい状況に。
それでも2人が三連複と馬連を仕留め、とりあえずメインレース全員死亡を回避出来たのだけは良かったと思います。

その後は最終にちょろちょろ流すも、やっぱり死亡。
プラスになったのは午前中大物を仕留めた1人だけで、午前中から三連単の魔の手に染まっていた筆者は、万馬券を当てながらトントンという情けない結果に終わりました。
それでもレースは盛り上がっていたし、予想も、皆との検討会も非常に楽しく、有意義な時間を過ごすことが出来たと思います。
函館の三浦君の初重賞制覇も見れたし、個人的にはかなり満足。

帰りにはちょうど一年前の惨敗後にも行ったラーメン屋さんでささやかなご飯。
昨年と変わらぬ素晴らしい味で、良い一日の締めとなりました。
値段こそ安かったけど、美味しい物を食べるという目標は達成できたんじゃないかな。

いっぱい日焼けし、汗もかいて、叫んで、外して…。
同じ楽しみを共有出来る同僚に恵まれた事を本当に嬉しく思った一日でした。昨年は4人だったクラブケイバも今年は6人でしたし、もっと輪が広がれば嬉しいな。
異動のある仕事な関係上、今のメンバーでいつまで楽しめるかは分かりませんが、ここに居るうちは毎年でも行きたいと思います。
また来年の関屋記念、3度目の正直で次こそ勝とう!
スポンサーサイト

<< それは突然、嵐のように。 | ホーム | 週末以外の過ごし方。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。