書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/09/06 (Sat) 11:51
メイクデビュー・スコープ(8/30・31)

こんにちは、霧です。

ついに開催日までズレ込んでしまった先週のM.D.S。
なかなか纏まった時間が無いと文章の神様が降りてこなくて…スミマセン。
幸い、先週は新馬戦が少なかったのでさらりと見ていけそう。
秋競馬を盛り上げる馬は今回の中に居るのでしょうか。

メイショウイエミツ(札幌芝1500m)
やたらと新馬戦での活躍が目立つ新種牡馬プリサイスエンド産駒。この系統にしては柔軟な感じのレースを見せる馬が多いが、本馬もまた先行してすっと抜け出すセンスある競馬を披露。よほどこの血は日本に合っていると見える。
ただ現状では小さく纏まった感じの馬が多く、爆発力を見せる馬はあまり居ない。本馬も仕上がり早であることは確かだろうが、上級クラスで活躍するためにはもう一段階上の逞しさが必要になってきそうだ。
【適性】芝1200~2000

ショウナンカッサイ(新潟芝1400m)
スタートから先頭に立つと、1400mにしては遅いペースでレースを引っ張る。極端な瞬発力勝負では分が悪そうな血統の持ち主だが、上手く小出しに脚を使うと後続に付け入る隙を見せぬままゴール。楽な競馬ではあったが、まずは完勝と言って良い内容だった。
ショウナンカンプ×母父サンダーガルチで、マイル辺りまでが守備範囲だろうか。父ほどの爆発的なスピードは感じなかったので、スプリンターというわけではなさそうだが。
今回は自分のペースでの完勝だっただけに、逃げさせると意外にしぶといタイプと言えるかもしれない。
【適性】芝ダ1200~1600

アドマイヤサムライ(札幌芝1800m)
マイネルプリマスの作り出した緩めのペースを、2番手から余裕の追走。そのまま直線ではゴール手前できっちり差し切るという、正に王道競馬で快勝。新種牡馬ネオユニヴァース産駒2頭目の勝ちあがりとなった。
繁殖の質の割に現在大苦戦とも言える結果を強いられているネオユニ産駒。ロジユニヴァースが勝った時の見立て通り、切れる脚やスピードに欠ける面があるようだ。本馬も緩い流れをじわりと押し切った感じで、切れる印象は無い。ただ本馬は母父が超スプリンターのGreen Desert。一見するとアンバランスな血統だが、上手くスピードが伝われば楽しみ。
【適性】芝1400~2200

マナクーラ(新潟芝1800)
筆者の恋人ベッラレイアの甥と言うことで、少し注目していた本馬。新馬ではあまり動かないシンボリクリスエス産駒ということもあり半信半疑で見ていたが、逃げて33秒台の脚で押し切りとまずまずの競馬を見せた。
道中が超絶スローペースだったため上がりの数字はそこまでアテにならないが、ラップを見る限りではそれなりの瞬発力を秘めていそう。ここに父の成長力と力強さが加わってくれば面白い存在だろう。次走でどんな変わり身を見せるか注目。
【適性】芝1600~2400

キングアレキサンダ(小倉芝1200m)
上位人気が揃って飛び、評価の難しいレースとなった。
勝った本馬は道中中団から力強い伸びを見せての快勝。2着にイーグルカフェ産駒のカネコメリッチが入り、父ミスプロ系がワンツー。いかにも開催後半の小倉短距離といった結果になった。
ただ全体で見ればレベルには疑問符。時計も上がりも平凡で、印象に残る馬の少ないレースだったように思える。ただ勝ち馬はどこか穴馬の素質を感じさせ、人気薄での一発をぶちかますタイプか。特に今回の距離や1400、1600辺りで溜めれば切れそうだ。
【適性】芝1200~1600
スポンサーサイト

<< 新潟2歳S&小倉2歳S | ホーム | 重賞レース回顧 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。