書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/19 (Fri) 23:06
富士S

こんにちは、霧です。
先日の東京オータムジャンプの記事に、ちょーちん塾様よりTB貼って頂きました。ありがとうございます。
印を見る限り、どうやら筆者の予想…良かった当てられて。
カウンタも付けてなければ、訪問履歴とかも把握してないので、どんな方が筆者ら二人の呟きをご覧になってるのか正直分かりません。
いつ見られても恥ずかしくないように、正確な予想を目指したいですね。

という訳で土曜重賞予想、参ります。

府中G3・サウジ(ry)富士S。
いつからこんな長い名称になったんだろう。気付いてなかっただけで最初からこういう名称だったのだろうか。まぁいいや。
さて、マイルCSの前哨戦としての位置づけにある当レース。
本番にはなかなか直結しない印象があるが、メンバーだけは毎年そこそこ面白い馬が集まってくる。
マイルに矛先を向けた三歳馬、夏を越してオープンクラスに昇格した上がり馬、G3クラス常連の古豪などなど。年齢も幅広い。
今回もその例に漏れず、三歳から七歳まで幅広い世代が集結。
マイル路線の登竜門とも言えるここを制すのは、果たして新鋭か、古豪か。

その中で本命はトウショウカレッジ。
今年に入ってから掲示板を外したのは10戦中1回だけと、少しずつ頭角を現し始めたラストタイクーン産駒らしい遅咲きのマイラー。
終いの脚に賭けるタイプだけに展開に左右されるという危険も大きい中、この安定感は非常に評価できるものがある。
強力な先行勢が居ない今回は、スローの瞬発力勝負が予想され、溜めて切れる本馬には絶好の舞台になる可能性が高い。
血統的にも根幹距離となるこの1600mはぴったり。
外差しの結果が目立つ今の府中、実績あるやや湿った良馬場(予想)と、展開だけでなく競馬場そのものを味方につけて重賞初制覇を狙う。

対抗はエアシェイディ。
現役屈指の安定感を持つ本馬。だが春の大舞台では不可解なほどの大敗を二度続けて喫してしまった。が、その二戦とも極端に体重の変動が多く、状態面で問題があったと考えるのが自然だろう。
今回は安田記念以来久々のレースとなるが、元々休み明けも特に気にしないタイプ。府中は(4.3.0.1)と大得意だし、鞍上も勢いに乗るアンカツ。
展開もこの馬向きとなりそうで、好勝負は必至か。

三番手はスウィフトカレント。
こちらも対抗馬同様久しぶりのレースとなるが、こちらは休み明けを苦にしないというよりはむしろ休み明けの方が良いタイプ。
昨年の秋天二着馬でもあり、実績では最上位とも言えるのだが、今回背負う斤量は56kg。57、58kgの世界に慣れきった本馬にとって、この斤量は非常に楽なものといえよう。
今回より2kg重かった秋天で二着なのだから、今回は楽勝しても全くおかしくない。それだけの実力馬だ。

以下、末一手の競馬が板についてきたマイケルバローズ。
数少ない先行馬でマイペースが見込めるマイネルシーガルも注意。
穴はミスティックエイジ。
2、3歳時はクラシックを賑わせたほどの実力馬。
昨年のマイラーズCではダイワメジャーと0.6秒差の競馬をしており、無欲で脚を溜められれば大きな一発が期待できる。

【まとめ】
◎トウショウカレッジ
○エアシェイディ
▲スウィフトカレント
△マイケルバローズ、マイネルシーガル
☆ミスティックエイジ

たまには王子のように三連複ボックスで行ってみましょう。
人気もかなり割れそうなことだし。
スポンサーサイト

<< わさびとカレーと杏仁豆腐、そして予想。 | ホーム | 秋華賞回顧 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。