書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/27 (Sat) 00:06
武蔵野S&スワンS

こんにちは、霧です。

競馬見つつ仕事もしていると、本当に一週間があっという間。
つい数日前に予想したばっかりな気がするのだけれど、早くもまた決断に悩む週末がやって参りました。先週の好調をそのまま持続できるよう祈りつつ、魂の印打ち、参ります。

まずは府中メイン、武蔵野S。
JCDの前哨戦として最早おなじみのレース。
総合力が試される府中のマイルということもあり、距離そのものは全然違うものの本番への直結度は割と高め。大舞台での的中を目指すために、しっかりと見ておきたい一戦と言える。

競馬を長く見ている方にとっては、府中のマイルがスピードだけでは乗り切れないというのは格言と言って良いほど有名。短距離に適正を見せる馬よりも、中距離以上で好勝負してきた馬が台頭しやすい。
が、今年はどうか。
東京は台風の接近により明日の天気予報は雨。
馬場が悪くなって脚抜きの良い、スピードを求められる舞台に変貌すれば、良馬場時とは正反対の”短い距離への適正”が求められて来るのではないか。例年通りの傾向となるか、それとも天気によりそれが覆るのか、十分に見極めていきたいところ。

本命はシーキングザベスト。
昨年の覇者であり、ダートでは現役屈指の安定した成績を誇る本馬。
ベストは1200~1400というのが筆者の見立てであるが、この舞台で重賞も勝っているし、G1で2着もあるのでスムーズならば十分こなせる距離だと言える。
前述のように雨が降ることで先行力とスピードが求められる舞台になると踏めば、先行脚質+高速決着にめっぽう強いという本馬の適正はピタリとハマることになる。
今回は春のドバイゴールデンシャヒーン以来となるが、元々久々も苦にしないタイプ。他の有力馬が軒並み後ろから行く馬なので、それらの牽制を尻目に悠々と逃げ切るシーンも十分か。

対抗はワイルドワンダー。
今回恐らく一番人気を背負うであろう本馬。東京コース無敗、重賞連勝中で勢いも一番と来れば当然の支持と言えよう。
元々素質は高く評価されていた馬だったが、今年に入って完全に覚醒した印象で、末脚の切れが昨年までとは比較にならない破壊力と安定感を見せ始めている。直線の長い府中は格好の舞台だ。
今回は天気や展開面、ややレース間隔が開いたことで評価を少し落としたが、春の勢いを見る限りここでも一気の豪脚を披露しても全くおかしくはない。

以下、強い三歳からロングプライド、展開面で有利になりそうなイブロンにも注意が必要か。
穴はビッググラス。
追い込みの印象が強い馬だが、府中と湿った馬場には抜群の適正を見せる。叩き良化型だけに緒戦からは疑問符が付くが、警戒するに越したことは無い。

【まとめ】
◎シーキングザベスト
○ワイルドワンダー
▲ロングプライド
△イブロン
☆ビッググラス

買い目は三連複ボックスで。

続いてスワンS。
マイルCSの前哨戦としてやはりおなじみのこのレース。
今回はメンバーが凄い。アストンマーチャンやスイープトウショウ、フサイチリシャールらG1ホースに加え、短距離・マイル路線で活躍を見せている馬が一同に会する形になっている。レベルだけならG1に近いものがあるんじゃないかと思えるほどだ。

過去の勝ち馬を見ていくと、ダイタクヤマト、ビハインドザマスク、ショウナンカンプといった名スプリンターが名を連ねている。が、これは良馬場で開催された場合であって、雨が降るとシンコウラブリイ、コスモサンビームといった”どちらかといえばマイルより長い距離向き”な印象のある馬が台頭している。
今回の京都の予報は晴れで、雨マークも無い。余程のハズレが無い限りは良馬場での開催と言うことになりそうだ。…ということは、距離適正が1400m以下の馬、つまりスプリンター寄りの馬の中から勝ち馬が現れる可能性が高い。

本命はジョリーダンス。
父ダンスインザダークは菊花賞の勝ち馬で産駒に良質なスタミナを伝えることで知られているが、牝馬の一線級に成長する馬は何故かマイル以下の適正を持つ馬ばかり。本馬もその例に漏れず、今年に入って混合G1で好勝負するだけに力とスピードを付けて来た。
安田記念での好走があるが、ベストは恐らく今回の距離である1400m。久々も苦にするタイプではなく、先行勢に強力な馬が揃った今回は後方一気のシーンも十分に有り得る。
アストンマーチャンとスイープトウショウに囲まれて存在自体は地味に映るが、実力では見劣らないことをここで証明して欲しい。

対抗はスーパーホーネット。
オープン特別では勝つのに、何故か重賞では惨敗続きと不思議な成績の持ち主である本馬。そのオープン特別で下してきた相手の中には今回出走するマイネルスケルツィや、秋天に出走するブライトトゥモローやアグネスアークもおり、実力的にはいつ重賞を勝ってもおかしくない位置に居るはずなのだが…。
前走のポートアイランドSでは、前述のマイネルスケルツィや先週の富士Sでも好走したアンブロワーズを子供扱いするほどの圧勝。臨戦過程はこれまでで一番順調と言える。
これまでは割とマイル~中距離中心に使われていたが、血統的にも脚質的にも短いところで末脚を生かす競馬をすれば面白い馬と思っていた一頭。未知のスプリント適正に賭け、対抗に抜擢した。

以下、京都得意のペールギュント、ペリエの跨る上がり馬ドラゴンウェルズ、溜めれば切れ味が出せるブラックバースピンらに注意。
穴はナカヤマパラダイス。
前走は休み明けに加え久々のダートで失速したが、今回は重賞実績ある芝へと戻る。血統からもこの距離はこなせるはずで、あとは本来の堅実さが戻っていれば浮上する。

【まとめ】
◎ジョリーダンス
○スーパーホーネット
▲ペールギュント
△ドラゴンウェルズ、ブラックバースピン
☆ナカヤマパラダイス

買い目は三連複6頭ボックスで参りましょうか。
ってあれ!?
アストンマーチャンもスイープトウショウもいないよ!?(゚ロ゚)
スポンサーサイト

<< 全く記憶にございません。 | ホーム | 女神様の休息 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。