書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/27 (Sat) 17:25
天皇賞・秋

こんにちは、霧です。
雨に泣かされた土曜。見事なまでに◎が吹っ飛ぶ始末。
これはいかんぞ、土曜が負けたときは日曜も負ける可能性が高い。
そんなジンクスは今週で終わりにしてやる!
というわけで天皇賞予想、参ります。

枠順、臨戦過程、実力、血統、脚質…。
予想をする上で重要なファクターは多々あるが、この秋の天皇賞、そして2000mという距離はそれが複雑に絡み合っているためいつも頭を悩ませる。
マイラーでもこなせないことはない距離だし、クラシック向きの馬も同様。休み明けの実力馬が強いのか、使われてきた順調馬が強いのか、悩み出すとキリが無い。
ただ、過去のレースを見直してみると何だかんだで”強い馬”が好勝負を見せているのだ。まぁ、この”強い”という要素も筆者のフィーリングでしかないのだけれど、という事は即ちメンバーの中で自分が”強い”と思う馬を選べばいいのだ。
そう考えると自然に絞れてくる。

本命はアドマイヤムーン。
40億という途方も無い金額でゴドルフィンにトレードされた本馬。
春のドバイデューティーフリーでの強さは記憶に新しい所で、中距離というカテゴリ内では世界を見渡してもトップクラスの言える。
国内(8.1.1.2)の成績が示すとおり、問答無用でこの馬は強い。
特に今年に入ってからは展開も枠順も馬場状態も問わないほどに安定感を増しており、いくら休み明けといえども国内、この距離で負ける要素は少ないのではと見ている。
今のところはライバルであるメイショウサムソンに人気で先行されているが、スケールは間違いなくこちらの方が上。強気に一着付けの軸としたい。

対抗はポップロック。
こちらも本命馬に負けず劣らずの安定感の持ち主。破壊力と言う点では若干物足りないものを感じるものの、相手や展開に左右されずに毎回好走する姿は馬券的には非常に信頼のおける存在と言える。
今回は久しぶりの2000mだが、土曜の雨によってこの馬向きの馬場になることが予想されるので特に問題は無いだろう。特に現在コースの内側が荒れている印象があるので、状態のいい所を通れそうな枠順も心強い。

三番手はメイショウサムソン。
前述の”強さ”という観点ではメンバー中二番目と見る本馬。
昨年秋はそのままスランプに陥るかと思わせたが、春からの快進撃はこの馬の持つ強さの証明と言えるだろう。展開面でやや厳しかった宝塚記念も二着に粘っており、最近はレースに行っての柔軟性も垣間見せている。
今回はインフルエンザの影響と最内枠を引いた事による不利が気になるため三番手評価としたが、実力全開ならばこちらの強さも世界レベルだ。

穴はブライトトゥモロー。
今年に入りコンスタントに33秒台の脚を使うようになり、それに伴って成績も一気に上がってきた新興勢力の本馬。
前走毎日王冠はダイワメジャーをマークする格好も、今ひとつ伸びきれず。やはり一線級に入るともう一押しが足りない感は否めない。
しかし今回は道悪。こうした馬場が大得意なフレンチデピュティの血と、東京大得意なトニービンの血を持つ本馬にとって願っても無い状態になっている。
相手は強いが、雨を味方に上位を狙う。

【まとめ】
◎アドマイヤムーン
○ポップロック
▲メイショウサムソン
☆ブライトトゥモロー

買い目は◎を一着付けにした三連単で。
スポンサーサイト

<< 帰ってきた王子の歌唱予想。 | ホーム | 全く記憶にございません。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。