書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/23 (Fri) 23:57
ジャパンカップダート

こんにちは、霧です。

なんだかんだで体力はだいぶ削られているようで、昼に予想記事を書いた後再び力尽きたように寝ていました。で、気付くとこんな時間。
なんだかんだでここ数日ろくな物を食べてないので、そりゃあ体力もつかないよなぁ…。食欲自体は少しずつ戻っているので、ちょっと無理してでも食べていくようにしよう。

で、起きた時間が時間なので結局レースは見れなかった訳ですが、今日の結果は、ね…うん…あはは………また2着抜けかよ!
しかも我々らしいのが、二人して同じ外し方をしてるという事。
京都平坦に実績がある二番人気馬をよくもまぁ揃って外したなと。
というか、予想段階で気付けよと!(心の叫び
終わってみれば非常に順当な結果だっただけに、我々二人の神経が歪んでいたとしか思えません。もう少し素直に行こうかな、何事も大事だよね、素直さって。

というわけで、素直な、綺麗な霧のJCD予想参ります。

本命はヴァーミリアン。
2000m近辺の中距離ダートというカテゴリ内においては、誰もが認める日本のチャンピオンホースである本馬。前走かなりのメンバーが集まったJBCクラシックも後続を四馬身千切る圧勝でその底知れぬポテンシャルを見せ付けた。
成績表を見ると以外に東京競馬場では実績を残していないが、一戦は距離の明らかに短かったフェブラリーS、もう一戦は半年振りの休み明けだったJCDなので、これだけで府中がダメと決め付けるのは早計だろう。
今回は昨年に比べて非常に順調なローテーション。春先にはドバイWCで好走するなど、中身そのものが昨年よりも逞しさを増している。
休み明けだった前走を一叩きされたことで行きっぷりも増すはずで、先行勢を見ながらどこからでも仕掛けられる位置取りを取れるだろう。
血統的にもダイワメジャー、スカーレットと同じ今ノリにノッている”緋色の一族”の出身。先週、先々週と横綱相撲でG1を掻っ攫う勢いに本馬も乗れるだろうか。
馬名はVermilion――朱色という意味。
緋く染まった今年の日本競馬。今度はこの馬が砂をも朱く染める。

対抗はワイルドワンダー。
マイル近辺を使われ、今年に入ってから三着以下は一度も無し。
それだけに今回一気の距離延長が嫌われて、実績の割に人気は無い。
たしかに最近のレースぶりからはマイルくらいの距離で切れ味を生かす馬という印象が強いが、1800m位の中距離でも圧勝と言える着差を付けて勝っているので、あと300mの距離延長ならば十分守備範囲内だろう。
筆者の持論として、東京マイルをこなす馬は中距離ならば十分こなすというのがある。本馬は前走武蔵野で不良馬場の中二着に差して来た他、サウジアラビアCで一着の経験もあるため、十分に”こなす馬”と言える。
元々府中では二着以下無しと圧倒的な安定感を誇っているだけに、後は名手岩田が直線までどれだけ脚を溜められるかに尽きる。
三歳時に”サイボーグ”と言われた鋼の脚が、大舞台で炸裂するか。

三番手はドラゴンファイアー。
素質馬ロングプライドが先週のトパーズSに回ったことにより、強い三歳ダート路線の代表として挑むことになった本馬。四連勝中という勢いと、年齢面での上昇度はメンバー中一番だろう。
前走シリウスSではエンジンに火が点くまでに時間が掛かったが、スピードに乗った後は正に独壇場。斤量差や順調度の違いは大きかったにせよ前年のJCD覇者アロンダイトを寄せ付けなかったのは評価出来る。
今回は前走より斤量が2kg増える形となっているが、成長著しい三歳馬だけにさしたる重荷にはならないはず。ややズブいレースぶりと長距離向きの血統も魅力で、一気の世代交代劇も期待していいだろう。

以下、小回りがベストだが、ダートでの安定感は侮れないメイショウトウコン、外国馬実績最上位のスチューデントカウンシル、フェブラリーSの覇者サンライズバッカスの三頭に注意。
穴はフサイチホウオー。
ダートに替わり圧勝圧勝、今日の赤富士S二着のジャンバルジャンに代表されるように、ジャングルポケット産駒のダート適正は意外なほど高い。
本馬はそのジャンバルジャンと血統構成も似ており、もしかしたら意外なまでの適正を秘めていてもおかしくない。単勝でのお楽しみに一考の余地有りか。

【まとめ】
◎ヴァーミリアン
○ワイルドワンダー
▲ドラゴンファイアー
△メイショウトウコン、スチューデントカウンシル、サンライズバッカス
☆フサイチホウオー

買い目は◎○二頭軸の三連複で▲以下への5点と、☆の単勝の合計6点。
…何か得意技炸裂するフラグが既に立っていそうで怖い…。
スポンサーサイト

<< 男の闘い。 | ホーム | 京阪杯 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。