書いてる人たち

霧&競歩王子

Author:霧&競歩王子
霧(キリ)牡27
競馬歴:11年
最愛:ナリタトップロード
    ベッラレイア
    リトルアマポーラ
長所:勝負師
短所:ミーハーによる自爆
得意技:三連系馬券軸間違い

競歩王子(キョウホオウジ)牡27
競馬歴:9年
最愛:ステイゴールド
長所:熱すぎる声援
短所:それ故の暴走
得意技:ワイド1着-4着
     三連複1着2着4着

リンクは随時募集中。
コメント欄や拍手ボタンからお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

まとめ

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/25 (Sun) 01:25
ジャパンカップ

こんにちは、霧です。

競馬ブログとしての至上命題、それは何か。
それは予想を的中させること。そして何より勝つこと。
11月に入ってからというもの余りにもふがいない結果の連続に――

我々、本気です。

王子も得意技の歌で勝負となった今回ですが、彼の買い目を見てもお分かり頂ける通り今回ばかりは素直に当てに行っております。
そして筆者もまたそれに続くことが、管理人ダブル的中への一歩。
注目する穴馬も見事に一致した今回、結果もシンクロの予感十分。
府中の杜、世界決戦の舞台に轟け、戯れ馬の凱歌!

本命はウオッカ。
64年振りに牝馬としてダービーを制覇した本馬。既に積み重ねてきている実績からも十分測れるように、牝馬という枠を超越した名馬である。
やろうと思えばどこからでも競馬が出来る柔軟性、最後の直線で見せる爆発力――筆者も競馬を見てきて長いが、その目をしても本馬の実力は過去の牡牝含めた歴史的名馬と比べても遜色無いものであると思える。
その本馬がベストパフォーマンスを見せたのは間違い無くダービーであり、今回のジャパンカップと同じ東京2400mである。紛れの無いコースで見せた圧勝と、ディープインパクトをも凌ぐ脅威の上がり33.0。これと同じだけの競馬が出来れば、例え強力古馬勢や外国馬が相手でもまとめて切り捨てることが可能。
唯一崩れた宝塚記念は上滑りする馬場と極端な展開に持ち味を完全に殺されただけにノーカウントで良い。秋に入ってからは凱旋門賞回避やエリザベス女王杯出走取消など何処か運に見放されている印象があるが、それも全てはここでの歓喜のタイトル獲得への伏線と信じたい。
筆者的には本馬とダイワスカーレットには同世代以外に負けて欲しくないのが本音である。彼女らを倒すのはベッラレイアの役目なのだから。

対抗はメイショウサムソン。
これまで僅差の競馬で勝ち星を積み重ねてきた本馬だが、前走天皇賞・秋で突如開眼したような圧勝を見せた。休み明けであれだけのパフォーマンスを見せ付けられては今回の一番人気も頷けるというもの。
あの圧勝の理由としては本馬の成長力が勿論大きいだろうが、その他にも距離がぴったり合っていたという印象が強い。
血統だけ見れば明らかにクラシックディスタンスや長距離向きな印象を受けるが、実際のレースでより強い競馬を見せるのは中距離に集中している。叩き二戦目で状態面でのアップは見込めるが、こと東京2400という舞台においてはウオッカに分があるのではないか。
しかしデータ的にも実績的にも本馬が三着までを外すとは考えにくく、軸としては最も信頼のおける存在であることに変わりは無い。
それでも対抗評価なのは、他でもない、筆者がミーハーだからだ。

三番手はポップロック。
成長という面ではこの馬も地味ながら、しかし確実に上向いている。
以前は上がり勝負になると弱く、持久力勝負でこその馬だったのだが、今年に入ってからどんな展開だろうと国内では殆ど崩れていない。これまで苦手としていた高速上がり決着でもしっかりと結果を残している。
前走の天皇賞では流石に距離が短かった上に、スタート直後に他馬に寄られて後方からのレース。前につけて粘りこむスタイルの本馬には非常に厳しい展開と言えた。
それにも関わらず最後は四着まで差を詰めてきており、その確かな実力と現役屈指の安定感を見せ付ける内容だった。
今回は得意のクラシックディスタンス。鞍上に再び名手ペリエを迎え、自分のスタイルで虎視眈々と逆転を狙う。

以下、東京コースでの走りに物足りなさは感じるものの、本来の実力は上位人気馬を軽く凌駕するアドマイヤムーン。
脚質転換と陣営の努力が実を結んだ折り合い改善。連続33秒台の上がりはかつての栄光の復活を思わせるインティライミ。
ヒットマンとなる時は必ず先行。頼りになる鞍上ルメールと共に、今度こそ自分のスタイル”逃げ”を貫きたいヴィクトリー。

そして筆者独自の穴はペイパルブル。
今回出走の海外馬のレース振りを目に節穴が開くほど繰り返し見たが、中でも内容の良さが目に付いたのが本馬。
直線でヨレるなど随所に気性の難しさを感じさせるものの、その末脚の力強さはまさしく父のモンジュー譲り。
代を経て日本向きの軽さを身に付けるサドラーズウェルズの系統だけに、父の無念を晴らす快走に期待する。

【まとめ】
◎ウオッカ
○メイショウサムソン
▲ポップロック
△アドマイヤムーン、インティライミ、ヴィクトリー
☆ペイパルブル

買い目は◎○二頭軸マルチ三連単で▲以下への30点!
…さぁ、前日に続きもう一つの得意技であるミーハーによる自爆のフラグが立ったぞ!頼むぞウオッカ、そんなフラグべきべきにへし折ってくれ!
スポンサーサイト

<< 今週の回顧 | ホーム | されど王子は歌を歌う。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。